パッケージ機能でイラレの配置画像を収集する

IllustratorCC2017で「パッケージ」の機能を使ってみます。 ちなみにパッケージ機能はCS6(Ver.16.1)から使えるようになったようです。 パッケージ機能とは? イラレファイルとイラレに配置した画像をフォルダに集める事ができます。 古いイラレの場合、制作中に配置画像が変更になったり画像がリンク切れになったりして、納品時に必要なファイルをチェックするのが大変で…

続きを読む

2017年の年賀状を作りました

2017年の年賀状を2つ作ってみました。 1つ目 年賀状配布してます。 ■年賀状1つ目(Illustrator8以上.aiファイルCMYK) ■年賀状1つ目ハガキサイズ画像(jpg,72dpi,RGB) 2つ目 2つ目の年賀状も配布してます。 ■年賀状2つ目(Illustrator8以上、aiファイル、CMYK) ■年賀状2つ目ハガキサイズ画像(jpg,72d…

続きを読む

はさみツールとナイフツールを使用する

今回はIllustratorのはさみツールとナイフを使ってみます。 では最初に「はさみツール」を使ってみましょう。 はさみツールを使用する はさみツールは、ツールボックス内の消しゴムツールとナイフツールがある箇所にあります。表示されていない場合は長押しで表示されるのでそこから選びましょう。 はさみツールはアンカーポイントやパスセグメント上をクリックする事でパスを切り離す事が簡単にで…

続きを読む

画像トレースで画像をカラーのベクター形式にする

画像をイラスト(ベクター形式)にする 以前画像トレースを使用して画像を白黒のベクターデータ に変換しました。 今回は、カラーに変換したり、細かい設定について紹介します。 まず、画像トレースのパレットを表示させます。 メニューの「ウィンドウ」→「画像トレース」を選びます。画像トレースのパレットが表示されました。 画像トレースを行いたい画像を選択します。

続きを読む

クリッピングマスクで画像の必要な箇所だけ表示する

クリッピングマスクの使い方について クリッピングマスクを使用すると画像やオブジェクトなどの表示したい箇所のみ表示してそれ以外の部分を表示させないようにする事ができます。 ※ 一見、画像をIllustrator上で切り抜いたかのように見えますが、実際には画像は一切変化しておらず、配置が像の必要な部分を表示させて不必要な部分を見せないようにしています。 試しに画像、その後にオブジェクトにクリッ…

続きを読む

Shaperツールで切り抜いたり合体させる

前回「Shaperツールでいろんな形を作成する」の続きです。 前回は、Shaperツールでいちからシェイプを作成しました。今回は、あらかじめオブジェクトを複数作成してShaperツールで編集してみます。 Shaperツールで切り抜く Shaperツールでオブジェクトの重なり合った部分を切り抜いてみます。 円、四角、星の形でオブジェクトを作成しました。 Shaperツールを選択し…

続きを読む

フレアツールを使用する

IllustratorCCのフレアツールを使用してみます。 フレアツールはツールボックスの「長方形ツール」等と同じ場所にあります。 フレアツールに切り替えるには長方形ツールの箇所を長押しすると切り替えが出来ます。 フレアツールとは? フレアツールのフレアとはレンズフレアを意味しています。 使用する事で写真を撮る時、近くに明るい光源がある場合に光が漏れて見える様子を表現で…

続きを読む

四角の角を個別に丸くする

過去にオブジェクトの角を丸くする方法をいくつか記事にしました。今回はコーナーウィジットを使用して「角丸四角形を作成する」、「1箇所角丸にする」、「複数箇所角丸にする」、「それぞれバラバラの大きさの角丸にして変った形にする」方法を紹介いたします。 角丸についての過去記事 長方形を数値指定で角丸に変更する【IllustratorCC】 角丸の形を細かく指定する 角一箇所を半径…

続きを読む

IllustratorCCでオブジェクトが貫いているように見せる方法

以前下のようなオブジェクトが他のオブジェクトを貫いているように見える方法を載せました。 このようなオブジェクトを作成するには、パスファインダを使用していました。 IllustratorCCでは、パスファインダを使用しなくても簡単にこのようなオブジェクトが作成できるので方法をご紹介します。 この記事の動画 【動画】IllustratorCCでオブジェクトが貫いて…

続きを読む

なげなわツールを使用して選択する

複数のアンカーポイントやパスセグメントを選択 なげなわツールを使用するとオブジェクトのアンカーポイントやパスセグメントを複数同時に選択することが出来ます。 なげなわツールを使用する場合は、オブジェクトの選択したい部分をざっくり囲みます。すると範囲内にあるアンカーポイント、パスセグメントを同時に選択できます。 なげなわツールのマークは、矢印の先の部分に投げ縄が付いているようなマークで…

続きを読む

パターンスウォッチの模様をアウトライン化したオブジェクトにする

以前「パターンスウォッチをアウトライン化する方法」を掲載しましたがバージョンが8や9の頃だったので今回IllustratorCCの方法を紹介します。 パターンスウォッチの模様をアウトラインのオブジェクトにする 四角にパターンスウォッチで模様を付けてみました。 このオブジェクトを選択した状態で上部メニューから「オブジェクト」→「分割・拡張」をクリックしま…

続きを読む

長方形を数値指定で角丸に変更する【IllustratorCC】

Illustrator CC2015で長方形を数値指定で角丸に変更する方法を紹介します。 今回は「長方形を数値指定で角丸にする」方法となります。 その他の方法は過去記事:「コーナーウィジットで角丸の四角形を作る(Illustrator CC)」や「角一箇所を半径数値指定して丸くする(Illustrator CC)」をごらんください。 ※ なお以前古いバージョン(Illustra…

続きを読む

イラストレーターで矢印を作る【Illustrator CC】

以前Illustrator8や9のバージョンの頃「イラストレーターで矢印をつくる」という記事を書いたのですがIllustrator CC2015では、過去記事に掲載した「フィルタ」から・・・・という方法は使用できません。(フィルタ自体CS4から廃止されています。) ということで今回新たにIllustrator CC 2015で矢印を作成する方法を紹介します。 追記 新たに「…

続きを読む

レイヤーの削除をする

前回「レイヤーの結合・レイヤーの複製」で作成したサンプルを使ってみます。 レイヤーパネルを見ると4つのレイヤーがあるのですが「クマのコピー」というレイヤーがあります。 このレイヤーを削除しようと思います。

続きを読む

レイヤーの結合・レイヤーの複製

前回「コピー元のレイヤーにペーストするように設定する方法」を紹介しました。 今回は、レイヤーの結合、複製の方法について紹介します。 「キリン」、「クマ」、「イカ」レイヤーを作成して、それぞれにキリンとクマとイカのイラストを作成してみました。 ちなみに、キリンレイヤーが一番上、イカレイヤーが真ん中、クマレイヤーが一番下になっているので、イラストの重なり方を見るとキリンが最前面、ク…

続きを読む

コピー元のレイヤーにペーストするように設定する

前回「レイヤーの新規作成・名前変更・切り替え・順序入れ替え・別レイヤーへの移動」の方法を紹介しました。 今回は「コピー元のレイヤーにペーストする設定」について紹介します。 通常コピーしたオブジェクトをペーストすると、その時に選択されているレイヤーにペーストされます。 今回は、ペーストする場合には、自動的に「コピー元のレイヤーにペースト」されるようにしてみます。 レイヤー1に作…

続きを読む

レイヤーの新規作成・名前変更・切り替え・順序入れ替え・別レイヤーへの移動

レイヤーの名前変更、新規レイヤーの作成、レイヤーを切り替える、レイヤーの順序を入れ替える、オブジェクトを別レイヤーに移動する 前回「レイヤーのロック、非表示、アウトライン表示を使う」でいろいろなレイヤーの操作をしてみました。 今回はレイヤーの数を新規で増やして作業しやすくしようかと思います。 上の様な背景のあるイラストを作成する為にレイヤーを分けて作業しようと思います。

続きを読む

レイヤーのロック、非表示、アウトライン表示を使う

前回レイヤーの説明(レイヤーとは?)をしましたが、今回はレイヤーの便利な機能を使用してみます。 レイヤーをロックする これからレイヤーの機能の「レイヤーロック」を使ってみます。 レイヤーロックとは、レイヤーごとにロックをかけレイヤーごと選択されない、動かない状態にする機能です。 この機能を、使うとロックされたレイヤーに配置されたオブジェクトは、選択したりドラッグしたりできませ…

続きを読む

広告