エリア内文字オプションで段組み設定をする

段組みについて過去に掲載しました。 過去記事 文字の段組み イラストレーターで見開きページを作る Part2 以前は上部メニューの「文字」→「段組み設定」を選んで設定していたのですがCS5移行では表示が変わりました。 エリア内文字オプション では、エリア内に打ったテキストに対して段組みを設定しようと思います。 試しに長方形のエリアにエリア内文字ツール…

続きを読む

葉っぱのような形をアートブラシに登録して使用する

自分で作成したオブジェクトをブラシとして登録し、アートブラシとして使用してみます。 蔓に葉っぱがついたような形のオブジェクトを作成しました。 このオブエジェクトをブラシに登録します。 オブジェクトを選択した状態でブラシパレットの右上をクリックして「新規ブラシ」を選びます。

続きを読む

自作のテンプレートを保存して使用する

以前テンプレートを反映させた新規ファイルを作成する方法を掲載しました。 今回は、テンプレートを自作して保存し、そのテンプレートを反映させた新規ファイルを作成しようと思います。 テンプレートの元になるファイルを作成 まずは、Illustratorでテンプレートのもとになるファイルを作成します。 テンプレートは何度も使用する前提で作成するものなのでできるだけ必要最小限にしたほうが…

続きを読む

扇の形を円弧ツールで作る方法

今回は扇の形を円弧ツールで作る方法の紹介です。 扇の作り方は過去にパスファインダで扇を作る方法やShaperツールで扇の形を作る方法を投稿しました。 今回は円弧ツールで扇の形を作成してみようと思います。 円弧ツールはツールパネル内の直線ツールなどがある場所にあります。 ※円弧ツールになっていない場合は長押しすると表示されます。

続きを読む

Shaperツールで扇の形を簡単に作る

今回はShaperツール(シェイパーツール)で扇の形を作成します。 Shaperツールで扇の形を作るのはすごく簡単です。 過去にパスファインダーで扇の形のオブジェクトを作成する方法を掲載しました。もちろんこの方法でも良いのですが新しい機能であるShaperツールを使うとかなり簡単です。またさらに円弧ツールで扇を作る方法も追加しました。

続きを読む

オブジェクトの辺の数を後から変更する方法

三角形、四角形、五角形、六角形などのオブジェクトを作成したあとに辺を増やしたり減らしたり方法です。 この方法を使うにはオブジェクト作成時に多角形ツールでオブジェクトを作成する必要があります。 多角形ツールで作成したオブジェクトにはバウンディングボックスに辺の数を調整するためのポイントが表示されます。

続きを読む

鉛筆ツールで適当に描いて左右対称の形にする方法

長方形ツールや楕円ツール、多角形ツールなどを使用すると左右対称、上下対称のオブジェクトが簡単に作れます。 では鉛筆ツールやペンツールで適当に書くとどうでしょうか。 どうしても左右のバランスの悪い形になってしまいます。 試しに鉛筆ツールで描いたハート、鉛筆ツールを使用したけど左右対称にしたオブジェクトを2つ並べてみました。 上のハートは鉛筆ツールで適当に描いたのでやはり左右いび…

続きを読む

「矢印を作る5つの方法」でわかるオブジェクト作成のコツ

オブジェクトの作成方法は1つではなく、複数の方法があることを前回紹介しました。 前回記事:違う方法を使用して同じ形のオブジェクトを作成する 今回はIllustratorで5つの方法を使って矢印を作成してみます。 出来上がる矢印は同じ形であってもいろいろな作成方法があり、方法を知っておくことで矢印以外のオブジェクト作成時にも応用できるので便利です。 矢印の作成方…

続きを読む

違う方法を使用して同じ形のオブジェクトを作成する

Illustratorでオブジェクトを作成する際に完成にたどりつくまでの方法は1つではありません。 作りたいものによってどの作成方法が良いのかは変わってきます。 ある作成方法を使用していたが違う方法でやったらすごくラクにできたということもあります。 今回は2つの違う方法で同じ完成品を作るということを簡単に紹介します。 このように輪っかの形のオブジェクトを作成したいと思いま…

続きを読む

地図の路線のような模様の線をパスとアピアランスで作成する【IllustratorCC2017】

過去に古いバージョンのIllustratorでイラストレーターで地図に使う路線の白黒シマの線を描くというエントリーを掲載しました。 今回はIllustratorCC2017でアピアランスを使用して路線のような線を作成してみようと思います。 とりあえず完成図は下のような路線っぽいものになります。 よく所在地などを記す地図で使用する黒と白のシマシマの柄の線です。 では、作成を始め…

続きを読む

メッシュツールを使用する

今回はメッシュツールを使用してオブジェクトの塗りをグラデーションメッシュにしてみます。 グラデーションメッシュはオブジェクトに網目のようにメッシュラインを引きメッシュポイントの色を変更することで可能となります。 ここでは円のオブジェクトを作成してグラデーションメッシュをためしてみようと思います。 このように青い円のオブジェクトを作成して選択しました。

続きを読む

Illustratorでフチ無し年賀状を一般的なプリンターでプリントする

前回記事:イラストレーターで年賀状を作成する(一般的なプリンター用)のつづきです。 IllustratorCC2017でフチ無しの年賀状を作成したので家のプリンター(一般的なプリンター)でインクジェット用年賀はがきにプリントしてみます。 illustratorを家庭用プリンターでプリントする場合、フチありの状態であれば難なくプリント出来るのですがフチ無しにすると急に綺麗にプリ…

続きを読む

イラストレーターで年賀状を作成する(一般的なプリンター用)

家庭用プリンター用にIllustratorで年賀状を作成する IllustratorCC2017で年賀状を作成してみようと思います。 年賀状と言っても家庭用のプリンターでプリントする場合、印刷所に納品して印刷する場合だと微妙に設定が違ってきますので今回は一般的な家庭用プリンター(PostScript非対応)にてプリントする前提で進めていこうと思います。 なおこの記事では、ファイル作成のみ載…

続きを読む

オブジェクト作成時に背面になるように設定する

同じレイヤー内にオブジェクトを作成する場合、デフォルトで後で作成したオブジェクトの方が前面に作成されるようになっています。 今回はモードを切り替える事で、新規に作成したオブジェクトの方が背面になるようにしてみます。 まず、デフォルトの「標準描画」のモードでオブジェクトを作成してみます。 試しに青色の長方形を作成しました。

続きを読む

IllustratorCC2017の文字ツールで「山路を登りながら」が表示されるので解除する

IllustratorCC2017にバージョンアップして文字ツールを使おうと画面内をクリックすると「山路を登りながら」というテキストが表示されます。 最初は覚えのないテキストの表示に戸惑ったのですがどうもデフォルトでそういう設定になっているみたいです。 そのまま文字を打っても支障はないのですが「山路を登りながら」が最初に出るのが気になる場合は環境設定から表示させないようにできます。 …

続きを読む

アピアランスを使用して塗りで影をつけてみる

IllustratorCC2017のアピアランスを使用して塗りで影をつけてみようと思います。 Illustratorで影を付けるには過去に紹介した方法でアピアランスのドロップシャドウを使う事で可能なのですが、今回は黒い塗りで影をつけてみます。まず古いバージョンを使用していた頃の方法からご紹介します。 Illustratorの古いバージョンを使っていた頃の方法 古いバージョンで影を塗りで作る…

続きを読む

広告