スポイトツールを文字に使う

スポイトツールについて

イラストレーターでスポイトツールの機能といえば、簡単にオブジェクトを別のオブジェクトの色にする事が出来ます事だと思います。

例えば、あるオブジェクトを指定して別のオブジェクトにスポイトツールでクリック。すると、そのオブジェクトの色になります。塗りだけでなく、線の色、線幅も同じようになります。

スポイトツールを文字に使用する

スポイトツールの機能を文字に利用する事もできます。

オブジェクトの時と同じように文字を選択したまま、別の文字をスポイトでクリック。

文字にスポイトツールを使用

すると文字のフォントの大きさ、塗りの色、線幅(線がある場合)線の色、そして書体も同じになります。※段落設定(右揃えや中央揃えなど)も同じになります。

文字が同じになる

文字に統一性を持たせたい時に1回ずつフォント数や書体を指定するのは面倒ですが、この方法なら簡単に済み便利です。

※文字選択時に他の文字では無く、四角のオブジェクト等図形をスポイトする事も可能です。

"スポイトツールを文字に使う"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告