画像トレースで画像をカラーのベクター形式にする

画像をイラスト(ベクター形式)にする

以前画像トレースを使用して画像を白黒のベクターデータ に変換しました。

今回は、カラーに変換したり、細かい設定について紹介します。

まず、画像トレースのパレットを表示させます。

画像トレース

メニューの「ウィンドウ」→「画像トレース」を選びます。画像トレースのパレットが表示されました。

画像トレースパレット

画像トレースを行いたい画像を選択します。

画像を選択

すると、画像トレースのパレットの設定が可能になります。

画像トレースのプレビュー

画像トレースの結果がどうなるか確認できる様に「プレビュー」にチェックをいれておきます。

警告が表示されるかもしれませんが「OK」します。プレビューが反映されるまで少し時間がかかります。

白黒のプレビュー

その後画像が白黒にプレビューされました。これは現在パレットの設定で白黒になっているためです。

では、カラーにするために設定を変更します。

プリセットを写真(低精度)に設定

プリセットを「写真(低精度)」に設定しました。精度は高いほど画像トレースに時間がかかります。

少し時間がかかるかもしれませんがカラーで画像トレースされます。

カラーで画像トレースできた

今度はメニューの「オブジェクト」→「分割・拡張」を選びます。

分割・拡張

分割・拡張のダイアログで「オブジェクト」と「塗り」にチェックが入っている状態で「OK」します。

オブジェクトと塗りにチェックしてOK

画像トレースでベクター形式にすることが出来ました。

画像トレースのパス

複雑なパスで作成されている事がわかります。

画像トレースされた画像

選択を解除して見ると画像トレース前とさほど変わってないように見えますが、拡大してみます。

絵画のような見た目

絵画のような見た目になっています。

これで画像トレースの作業は終了です。

画像トレースのパレット設定

ちなみに、分割・拡張の前の時点で「画像トレース」のパレットでいろいろな設定をする事が可能です。

画像トレースのカラーモード設定

プリセットから選んだり、カラーモードでカラー、グレースケール、白黒を選んだり出来ます。

しきい値の数値を少なくしたり多くしたりすることでも見た目がかなり変化します。

試しに白黒でしきい値を少なくしてみます。

画像トレースのしきい値を少なくする

次に、しきい値を比較的多めにしてみます。

画像トレースのしきい値を多くする

だいぶ印象が変わります。

画像トレースのしきい値を調整

画像トレースの設定を微調整してお好みの状態にしましょう。

"画像トレースで画像をカラーのベクター形式にする"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告