コピー元のレイヤーにペーストするように設定する

前回「レイヤーの新規作成・名前変更・切り替え・順序入れ替え・別レイヤーへの移動」の方法を紹介しました。
今回は「コピー元のレイヤーにペーストする設定」について紹介します。

通常コピーしたオブジェクトをペーストすると、その時に選択されているレイヤーにペーストされます。 今回は、ペーストする場合には、自動的に「コピー元のレイヤーにペースト」されるようにしてみます。


レイヤー1に作成したオブジェクトをコピーしようとおもいます。

レイヤー1のオブジェクト

上部メニューから「編集」→「コピー」します。

※ショートカットの場合は「Ctrl」+Cとなります。

レイヤーをレイヤー2に切り替えました。

レイヤー2

普通なら、この状態でペーストすれば「レイヤー2」にオブジェクトがペーストされるはずです。

ここで、設定を変更してみます。

レイヤーパレットの右上をクリックして表示された項目から「コピー元のレイヤーにペースト」を選びます。

コピー元のレイヤーにペースト

これで、「コピー元のレイヤーにペースト」の設定になりました。

ためしにレイヤーパレットの右上をクリックして確認してみます。

設定の確認

「コピー元のレイヤーにペースト」の左側にチェックマークが付いている事が確認できます。

※設定を解除するには、もう一度「コピー元のレイヤーにペースト」をクリックします。

レイヤー2

「レイヤー2」が選択されています。ペーストしてみましょう。

ペーストは上部メニュー「編集」→「ペースト」(ショートカットは「Ctrl」+「V」)

ペースト

ペースト後、レイヤーパレットを見るとレイヤー1に切り替わっている事がわかります。

オブジェクトはレイヤー1にペーストされています。

このように、コピーしたレイヤーにペーストする事が多い場合は「コピー元のレイヤーにペースト」に設定することによってレイヤーを毎回切り替える手間が省けるので作業が短縮できます。

"コピー元のレイヤーにペーストするように設定する"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告