リボンみたいな背景素材をタイトル用に制作する

よくチラシなどのタイトルの背景にアーチ状リボンの背景があります。

下の画像のような背景素材です。

赤いリボンのベクター素材

今回そのリボンをIllustratorCCで制作してみました。

リボンの真中部分にあたる長方形を作ります。

長方形ツールでとりあえず赤色で作成しました。

長方形ツールで赤い長方形を作成

長方形を右方向にShift+Ctrl+Altでドラッグします。

これで右方向に水平に長方形がコピー&ペーストされます。

長方形を水平にコピーペースト

コピペした方の色を変えます。

元の長方形とコピペした長方形が同じ赤色だと見分けが付きにくいので少し赤茶っぽい色に代えてみました。

片方の長方形の塗りを変更

リボンの端の形を作ります。

正方形をつくります。

見分けがつきやすいように黒色で正方形をつくりました。

黒い正方形を作成

この黒色正方形を回転ツールで45度回転させます。

(正方形を選択した状態でツールボックスの回転ツールをダブルクリックします。)

黒い四角を45度回転

回転のダイアログが表示されます。

角度を45度に設定してOKします。

垂直方向に整列させる

赤茶の長方形と黒色正方形を選択して整列ツールで垂直方向に整列させます。

重なったオブジェクト

2つのオブジェクトが重なりました。

パスファインダーの前面オブジェクトで型抜きをします。

前面オブジェクトで型抜きする

これで、黒い部分が型抜きされて、赤茶色の両端がのこります。

赤色のオブジェクトが残る

赤茶色の右側を削除します。

右側のオブジェクトを削除

ダイレクト選択ツールで選択して、削除はDeleteもしくはBackspaceを押せば可能です。(編集→消去でも可)

赤いオブジェクトが1つ

赤茶色オブジェクトをずらします。

赤色長方形と重ね、少し下にずらした位置ぐらいにするとちょうどよいかと思います。

赤色長方形と赤茶色を重ねてずらす

赤色長方形を選択して、重ね順を最前面に変更します。

長方形を最前面にする

最前面になりました。

長方形が最前面になる

リボンの端をもう一つ作ろうと思います。

先ほど作成した赤茶色のオブジェクトをコピー&ペーストします。

(Shift+Ctrl+ALTでドラッグ)

赤茶色を水平にコピーペースト

コピペした方のオブジェクトの向きを変えます。

オブジェクトを選択のうえ、リフレクトツールをクリック、ダイアログが表示されます。

リフレクトツールで反転

ダイアログの設定を「水平」、「90度」にしてOKします。

反転された

オブジェクトが反転されました。

ribbonw_18.png

3つのオブジェクトをすべて選択した状態で「整列」→「水平方向等間隔に分布」をクリックします。

全てを選択して整列で水平方向等間隔に分布

3つがバランスよく整列されました。

3つのオブジェクトが整列された

3つのオブジェクトをグループ化します。

3つのオブジェクトをグループ化

グループ化されたオブジェクトを選択して「効果」→「ワープ」→「円弧」を選びます。

ワープから円弧を選択

ダイアログが表示されました。

ワープオプションのダイアログ

設定を「円弧」、「水平方向」にします。

プレビューにチェックを入れます。

すると、設定がオブジェクトのプレビューに反映されます。「カーブ」のスライダを調整しましょう。今回は25%にしています。

円弧を水平方向でカーブ25%にする

OKを押します。

OK

オブジェクトを選択して「オブジェクト」→「アピアランスを分割」をクリックします。

アピアランスを分割

これで、アウトライン化されたリボンの素材ができあがりました。

アウトライン化されたリボンの素材が完成

これでリボン作成は終了です。

さらにリボンに線をつけたり、影をつけたりアレンジすると凝ったリボンっぽくなります。

"リボンみたいな背景素材をタイトル用に制作する"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告