テキストに枠をつけて文字数に応じて伸びるようにする

Illustratorでテキストに自動伸縮する枠を付ける

IllustratorCC 2015でテキストにアピアランスと効果を使って枠を付けます。

以前は普通に長方形のオブジェクトを作成してテキストを打っていました。

それでも問題はありませんが、何回も使い回すようなデザインの場合はその都度枠のサイズを変更するのが面倒だったりします。

今回は、アピアランスと効果でテキストに枠を付けることで、文字数が増えれば自動的に枠も拡がるようにしてみたいと思います。

まず、テキストを打ちます。試しに「おはよう」と打ってみました。

おはよう

次に、「おはよう」に新規の線を追加します。

追加するにはテキストを選択して「アピアランス」のパネル右上をクリックして「新規線を追加」を選びます。

アピアランスの新規線を追加

アピアランスパネルに新規の線が追加されました。

アピアランスの線が追加された

線の色や太さはアピアランスパネルで簡単に変更出来ます。

線の色や太さの変更

今回は線がわかりやすように赤色で4ptの太さにしてみました。

色を変更

今の時点で新規の線は、文字より前面にあり、文字のフチとして表示されています。

この、赤い線の形状を長方形に変えてみます。

「効果」→「形状に変換」→「長方形」を選びます。

線幅を太くする

形状オプションのパネルが表示されました。

幅や高さの数値を適当に調整します。「OK」をクリック。

形状に変換

長方形の枠に囲まれたテキストになりました。

形状オプション

長方形の太さなど変更したい場合は再度アピアランスパネルから数値変更できます。

試しに10ptの太さにしてみます。

枠を付ける

では実際に文字を打って文字数を増やしてみます。

文字ツールでおはようの後ろをクリックして文字を打ちます。

10ptにする

「おはよう」の後ろに文字を続けます。「おはようございます」にしました。

文字数を増やす

「おはようございます」の長さに合わせて長方形が横に拡がりました。

枠が拡がる

テキストを変更すると長さに応じて枠が拡がるので大変便利です。 今度は枠の形状を長方形以外の形にしてみましょう。

おはようございます

アピアランスパネルに「Rectangle」の項目があります。

この項目が線を長方形の形状にしている部分なのでクリックして設定を変更します。

枠の形状を変更する

再度、形状オプションが表示されます。

「形状」からドロップダウンで他の形状が表示されます。長方形・角丸長方形・楕円形から形状が選べます。

試しに角丸長方形に変えてみます。

角丸

枠が角丸長方形になりました。

角丸長方形

ちなみに楕円形にすると楕円の枠で囲まれます。

楕円枠

今度は、もとの長方形の枠に戻して線をジグザグにしてみます。

ジグザグの枠

長方形に戻したら、「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」を選びます。

パスの変形

「ジグザグ」のダイアログが表示されます。

プレビューにチェックを入れます。

ジグザグ

長方形の形がジグザグになっているのが解ります。

大きさ・折り返しの数値でジグザグの形が変わります。また、ポイントを滑らかにしたり直線的にしたり切り替える事もできます。

ジグザグの設定

設定を変える事で様々な形にできます。長方形のジグザグ以外にもいろいろな形にできますが今回はジグザグのみやってみました。

いろんな枠

"テキストに枠をつけて文字数に応じて伸びるようにする"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告