直方体を作ってみる

直方体をイラストレーターで作ってみます。

イラストレーターのCS以降ですと、二次元の面から3Dも簡単に作れるみたいです。

今回はCSより前のバージョンでちょっとアナログな手法で直方体を作ります。

直方体というと、全て長方形の面をもつ六面体です。

たとえば、四角いよくある定番の消しゴムみたいな形ですね。

でも、六面体と言っても、イラストレーター上では、見える面は3面になります。

直方体

こんな感じです。

見える面は、水色、黄色、ピンクの3面です。

なので、3面が作れれば良い事になります。

まず水色の面を作ってみます。

長方形

次に水色の面をコピーしながら右上斜め方向に移動させます。

Shift+Ctrl+Altを押しながら右斜め上にドラッグすると、簡単にできます。

右斜め上にコピペ

下の水色面の右のパスをダイレクト選択ツールで選択してコピー+前面ペーストします。 すると、水色面の右端にパスが一本重なった状態になります。

右端パスをコピペ

次に、上の水色面の右端も、同じように白ポインタでコピー+前面ペーストします。

上の長方形も右端パスをコピペ

水色面に重なって見えにくいですが、実際には下のようなパスがあります。

パスを連結させる

このパスをダイレクト選択ツールでつなげます。

上は上同士で、下は下同士でポイントをつなげます。

(ダイレクト選択ツールで2つのポイント選択、メニューの「オブジェクト」→「パス」→「連結」)

下の長方形の上辺パスをコピペ

次は下の水色面の上辺を同じようにダイレクト選択ツールでコピー+前面ペーストします。 つまり、上にパスが一本ある状態です。

上の長方形の上部パスを残す

次に上部にある水色面の下2か所のポイントを削除して、上のパスだけにします。

2本のパスを連結

2本のパス同士を連結させます。

直方体の完成

これで、直方体ができました。

それぞれの面に色をつけて色分けできます。

直方体

この記事の動画作ってみました:イラストレーターのCS以前バージョンで直方体を作ってみる

"直方体を作ってみる"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告