ガイドを作る

定規から、ガイドを引く事ができます。(定規を表示させる方法

定規からガイドを引く

ガイドを横方向に引きたい場合は、上部の定規をドラッグして引きます。

また、縦方向に引きたい場合は左の定規からドラッグします。

メニューの「画面」から「ガイド」の項目を見ると「ガイドをロック」という項目があります。

ここにチェックが入ってる場合は、ロックされているので、一度ドラッグして位置を決めたガイドは動かないようになっています。

ガイドを目安にデザインを制作したりするので簡単にガイドがずれたら目安にならなくなるのでロックしてあります。

ロックをはずすと、今まで引いたガイドをドラッグして動かす事ができます。

動かした後は、忘れないようにまたロックをかけておきましょう。

オブジェクトからガイドを作成する事もできます。

オブジェクトからガイドを引く

いろいろな形をガイドにできます。

オブジェクトを選択した状態で、「画面」から「ガイド」の「ガイドを作成」を選びます。

ガイドに変化した

オブジェクトがガイドになりました。

ちなみに、ガイドに変えたオブジェクトを、元のオブジェクトの状態に戻す事も可能です。

元に戻す場合は、まずガイドのロックを解除します。

元にもどしたい、ガイドをクリックして選択します。

「画面」→「ガイド」から「ガイドを解除」を選びます。

ガイドが元のオブジェクトの状態に戻りました。

ガイドを一時的に隠す

ガイドはデザイン制作の際に、目安になるので便利なのですが、デザインが見えにくいので一時的にガイドをみえなくしたい場合もあります。

そんな時は、「画面」→「ガイド」→「ガイドを隠す」で一時的にガイドを隠す事ができます。 また、ガイドを表示したい場合は、「画面」→「ガイド」→「ガイドを表示」で表示されます。

ガイドのあるレイヤーについて

ちなみに、ガイドもレイヤーで区別されます。

たとえば、レイヤー1とレイヤー2というレイヤーがあって、レイヤー1に作ったガイドは、レイヤーパレットにあるレイヤー1の「目のマーク」をクリックして非表示にすると、当たり前のようですがガイドも非表示になります。

※注意点

例えば、レイヤーがたくさんあって、使わなくなったレイヤーを削除したい場合、オブジェクトがなくても、そのレイヤーにガイドが含まれている場合があります。

その場合、そのレイヤーを削除すると、当然ながらガイドも一緒に削除されてしまいますので気をつけましょう。

"ガイドを作る"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告