ペンツール4つの機能の切り替え

ペンツールについて

ペンツールは、イラストレーターでパスを引く事ができます。

パスを引くことで、線を作ったり、いろいろな図形(イラストなど)を作ったりできます。

ペンツール以外にもツールボックス内には、円、四角、多角形などの図形を作成するツールがありますが、これももちろんパスでできています。円や四角などのよく使用される図形は、いちいちペンツールでパスを引いて作らなくても簡単に作れるようになっています。

ペンツールの使用については、結構クセがありパスを引いたり、修正したりするのに慣れるのは少し時間がかかるかもしれません。

まず今回はツールボックスにあるペンツールの機能の切り替えについての説明を書こうかと思います。

ペンツール4つの機能切り替えについて

画像のツールボックスにペンの絵で表示されてるのがペンツールです。

(ペンツールの機能を切り替えてあるとペンの絵ではない場合があります)

ツールボックスの左側、上から3番目のツールです。

ペンツール

このペンツール部分を長押し(クリックした状態で指を離さない)するとその他のマークが出てきます。 ペンツールはその他のマークをクリックすることで機能を切り替える事が出来ます。

ペンツールを多用する場合は、毎回機能の切り替えを長押しで表示させるのは面倒です。

その場合は、長押し状態で4つの機能を表示させて、一番右の細く狭い部分に三角マークが小さく付いてるのでここをクリックします。

すると4つのペンツール機能が独立して常に表示されるようになり便利です。

ペンツールを長押しで機能の切り替え

ペンツールには4つのマークがあり切り替えができます。

一番左のペンのマークが通常の「ペンツール」です。

左から2番目のペンマークに+が付いたマークが「アンカーポイントの追加ツール」です。

左から3番目のペンマークに-が付いたマークが「アンカーポイントの削除ツール」です。

左から4番目の<が斜めになったようなマークが「アンカーポイントの切り替えツール」です。

ペンツール切り替えで出てくる4つの機能

次回記事ではパスを引く作業を説明します。

"ペンツール4つの機能の切り替え"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告