葉っぱのような形をアートブラシに登録して使用する

自分で作成したオブジェクトをブラシとして登録し、アートブラシとして使用してみます。 蔓に葉っぱがついたような形のオブジェクトを作成しました。 このオブエジェクトをブラシに登録します。 オブジェクトを選択した状態でブラシパレットの右上をクリックして「新規ブラシ」を選びます。

続きを読む

Illustratorとペンタブでブラシの筆圧を使う

筆圧の機能を使う ペンタブをPCに繋げて、Illustratorで筆圧が効くようにします。 とりあえず今回、正円で筆圧で強弱がつくようなブラシにしてみたいと思います。 Illustratorのツールパネルに筆のマークがあります。これがブラシツールです。ブラシツールにすると、筆の様に描くことができ、「ブラシパネル」に登録されているブラシの種類を選ぶ事で様々なタイプのブラシが使用できます。 …

続きを読む

ブラシなどをアウトライン化する

ブラシを使うと筆で書いたような形をつくったりできます。ブラシには、カリグラフィブラシ、散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシがあります。 ブラシカテゴリの記事はこちら パスを引いた後に、ブラシツールをクリックしたり、ブラシツールでクリック&ドラッグすることで、まるで筆で書いたような線が引けます。 (選んだブラシの種類によって見た目は異なります。)このように簡単に筆のような線を引いたり…

続きを読む

新規散布ブラシを登録してみる

新規散布ブラシを登録してみます。 散布ブラシで使いたいデザインを自分で作ります。 今回は適当に星と円を作ってみました。 作ったオブジェクトを選択して、新規ブラシをクリック。(ブラシパレット右下右端から2番目のマーク、もしくはブラシパレット右上三角マークをクリックして項目から「新規ブラシ」を選ぶ) ブラシの種類で「新規散布ブラシ」を選びます。 OKをクリック。 …

続きを読む

新規カリグラフィブラシを登録してみる

新規カリグラフィブラシを登録してみます。 ブラシパレットの右下のマーク「新規ブラシ」をクリックします。(右上黒い三角をクリックしても「新規ブラシ」の項目を選ぶ事が出来ます) 新規カリグラフィブラシを選んで「OK」クリックします。 登録するカリグラフィブラシのオプションを設定します。 特に設定する事が無い場合はこのまま「OK」をクリックします。 ※一番…

続きを読む

新規パターンブラシを登録してみる

ブラシの種類は、カリグラフィブラシ、散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシがあります。 前回、新規アートブラシを登録する方法を載せたので、今回は新規パターンブラシを登録して使ってみようと思います。 パターンブラシは、パスに沿っていろんなパターンが表示されるようになります。 上記では、適当にパスを引いたもの(一番上)に、既存のパターンブラシを適応させたものを順に並べてみました。…

続きを読む

新規アートブラシを登録してみる

パスを習字っぽくしたりできる便利なブラシツールですが、なかなか自分の希望のブラシが無かったりします。 自分で新規ブラシを登録すれば、お好みのブラシを使う事が出来ます。 今回、新規アートブラシの登録をしてみます。 まず、ブラシの元になる形を作ろうと思います。 とりあえず、正円を作ってみました。 この正円を、筆っぽい形にする為、ダイレクト選択ツール(白いポインタ)で円の右側…

続きを読む

ブラシツールを使用して印刷する場合の注意

ブラシツールはイラストレーターでちょっとデザインに変化をつけたい時などに便利です。イラストを作る場合に筆っぽい線にしたり、筆で書いたような文字を作ったりできます。 イラストレーターで作成したデータは、印刷にまわす場合に文字をアウトライン化します。これは、以前書きましたが文字化けを防ぐためです。 参考記事カテゴリ:アウトライン化について では、イラスト(オブジェクト)の場合は…

続きを読む

広告