1辺を2ミリずつ移動させてみる

ダイレクト選択ツール(白いポインタ)で、四角の一辺をずらして、四角を大きくしたり小さくしたりしたい時、決められた距離だけ動かす方法です。 編集から「環境設定」の「一般」を選びます。 「キー入力」の項目に動かしたい数値をいれます。 例えば、2mmと入れます。 「OK」をクリックして作業に戻ります。 四角の1辺をダイレクト選択ツール(白いポインタ)でつかみます。 キーボードの→や←を…

続きを読む

イラストレーター9でホームページのボタンのようなモノを作ってみる

光沢をもった感じのボタンっぽいモノを、できるだけ簡単にイラストレーターの機能でつくってみました。 ソフトはイラレ9、グラデーションで光沢を表現して透過っぽくします。 こまごました操作はなしで、できるだけ簡単につくります。 デザインに凝ればさらにいろいろ操作は必要だと思いますが、ここでは超簡単な方法なので多少シンプルになります。 角丸の四角をつくります。ここでは仮に緑色にし…

続きを読む

オブジェクトにマスクをかける

マスクは、イラストレーター上の画像にかける事が多いのですが、作成した図形などにもかける事ができます。 過去記事:画像にマスクをかける 使いかた次第では、大変便利です。 実用的な方法としては、お店までの地図などを自作で作成する場合があります。 パスで地図を作っていると、道路や川、線路など端っこまでの長さがバラバラで見た目が悪いのですが、全体に四角でマスクをかけると、余分に長い部分が…

続きを読む

イラスト作成時の線の幅の変化について

自分でオリジナルのイラスト等を作成した場合、拡大したり縮小したりすると線の太さが変わってイラストが思わぬ結果になってしまう場合があります。 方法1 変形のオプションの「線幅効果も拡大縮小」にチェックを入れる。 方法2 この場合は、コピーして、オブジェクト→パス→パスのアウトライン でアウトライン化したものを変形させると良いです。 アウトライン前のものは、後から線の幅を変更し…

続きを読む

同じ柄を均等に配置する方法

イラストレーターで作った図形を均等に並べる イラストレーター上で作った柄をまず敷き詰めたい範囲を決めます。 敷き詰めたい一番左上に柄をペースト。 柄を選択し、「コマンド+オプション+シフト」押しながら右にドラッグ。これで柄が2つ並んだ状態になります。(ウィンドウズの場合「Ctrl + Alt + shift」) 次に「コマンド+D」を押すと、同じようにさらに右に柄がペース…

続きを読む

文字に影を付けるデザイン

イラストレーターで制作したデザインでよく文字に影をつけたデザインがあります。 シンプルですが、よく使えるので一応紹介します。 この記事はイラレのバージョン8や9を使用しています。新しいバージョンでも可能な方法ですが新しいバージョンではもっと便利な方法が使用できるようになりました。 アピアランスを使用して塗りで影をつけてみる ドロップシャドウで影を付ける まず、影をつけた…

続きを読む

シルエットのイラストを作成

シルエットのイラストを作成する時には、パスで作成しますが結構難しいものです。 うまくシルエットのイラストを作るにはスキャナーで下絵を画像として取り込んで、フォトショップ上でパスを引き、そのパスをコピーしてイラストレーター上にペーストする事で出来ます。 例えば、猫のシルエットを作る場合、猫の画像(なるべくシルエットにした時、猫の特徴がでそうなポーズの物が良いでしょう)を用意してパスを引きま…

続きを読む

テキストの揃え方と整列

基本的に文字は「左揃え」にして文章同士を「整列」させると見やすくてスッキリしたイメージになります。 (全体のデザインのイメージによって段落設定や整列のさせ方などイロイロ変えなければいけない場合もありますが・・) フォントの種類もあまり多くを使うのは避けたほうがよいでしょう。全体の統一感がなくなってしまいます。 フォントの種類を多用した上、中央揃えだらけで大変見づらいデザインになってしまわな…

続きを読む

画像切り抜きとマスク

Illustrator上に配置した画像を一部だけ表示させたい 画像をイラストレーター上に配置する時、画像をそのまま配置する場合は良いのですが一部分だけ表示したい場合があります。 例えば、ジュースの缶の画像を配置します。缶だけ表示して背景を表示させたくない場合どうするか? これには、いくつかの方法が考えられます。 イラストレーター上で缶の形のパスを引いてマスクをかける フォトショ…

続きを読む

イラストについて

イラストについて イラストレーターという名の通り、イラストレーターはイラストなどを作成するのに向いています。しかし、慣れるまでは凄く使いづらいです。手書きに比べ、パスの独特の動きに翻弄されてしまいます。 でも逆に慣れてくると大変便利です。特に手書きと違って変更するのがラクなところが良いですね。 あと、コピーペーストで増やして同じキャラクターの色違いを作って比べてみたりとメリットはいろいろで…

続きを読む

広告