イラストレーターの文字の大きさが同じなのに違って見えるのは?

イラストレーターを使って文字を打つと、フォント数が小さめの場合あまり目立たないのですが、キャッチコピー・タイトルなど大き目の文字を打つ場合、同じ大きさにも関わらず何故か文字の種類によって大きさが違って見える場合があります。 その原因は文字の高さや幅が微妙に文字によって違う為に起こります。 微妙な差なのですが、文字が大きいとその差がかなり目立ってしまいます。 例として、「笑う」や「戦う」…

続きを読む

スポイトツールを文字に使う

スポイトツールについて イラストレーターでスポイトツールの機能といえば、簡単にオブジェクトを別のオブジェクトの色にする事が出来ます事だと思います。 例えば、あるオブジェクトを指定して別のオブジェクトにスポイトツールでクリック。すると、そのオブジェクトの色になります。塗りだけでなく、線の色、線幅も同じようになります。 スポイトツールを文字に使用する スポイトツールの機能を文字に利用する…

続きを読む

文字設定の「詰め」

文字を詰める 文字設定のパレットに「詰め」という項目があります。 文字設定のパレットの下の方にあり、チェックをいれると「詰め」が有効になります。結構文章の見た目が良くなるのですが意外と使わない人もいるかもしれません。 「詰め」自体は文章中の文字の間を詰めるというちょっとした事ですが、チェックを入れないと何か間延びした感じになってしまうんですよね。 長文を見た時にかなり見た目が良くなります…

続きを読む

イラストレーターで範囲内に文章を入れる

イラストレーターで範囲内に文章を入れるには、まず、文章を入れるスペースを決めるために四角を作ります。 ツールボックスから長方形ツールで四角を作ります。 次にツールボックスにある「文字ツール(Tと書いてある)」から、「エリア内文字ツール(四角にTが書いてあるマーク)」を選びます。縦書きの場合は、「四角にTが書いてあるマークに↓がついたマーク」を選択。 四角内の左上にカーソルを合わせます。(横…

続きを読む

文字をアウトライン化する

文字のアウトライン化について Illustratorで文字をアウトライン化する事がよくあるのですが、文字のアウトライン化とはなにか?どんな場合に使用するのか? 今回は文字をアウトライン化する方法と利便性を紹介します。 文字のアウトライン化とは? 文字をパスで出来たオブジェクト(図形)の形に変えます。 文字の見た目は全く変わらなくても、テキストという扱いでは無くなります。 例えば文…

続きを読む

文字ツールについて

文字ツールを使うにはまずツールボックスの「T」を選ぶとキーボードから文字が打ち込める状態になります。 最初にIllustratorの画面のどこかを適当にクリックして文字のスタート地点を決めます。次に文字を打ちます。アルファベットの場合、すぐイラストレーター上に表示されます。ひらがな、カタカナは最後にreturn(enter)で表示されます。横書きで文字を打つことができる機能です。 文…

続きを読む

広告