エリア内文字ツールの使い道として吹き出しに利用してみる

今回は、エリア内文字ツールの具体的な使い道のひとつとして、簡単な吹き出しを使ったデザインを作ってみます。 吹き出しと言えば、漫画などの登場人物がセリフを言う時に、囲みをつけてあるアレですね。 漫画に限らず、広告を制作する場合にも、インパクトを付けたり、他のテキストと区別するために時々登場します。 では、吹き出しを作ってみます。 まず、吹き出しように楕円形ツールで楕円を作ります。 …

続きを読む

タブルーラでTabを入れた位置以降を揃える

イラストレーターで、タブルーラを使うと、タブを入れてから文字を揃える事ができます。 メニューの「文字」から「タブルーラ」をクリック。 タブルーラのパレットが表示されます。 上のように、それぞれ苗字と%をテキストで打ってみました。 各個人の苗字とパーセントの間にはタブを入れてあります。 タブを入れるには、キーボードの「Tab」キーを押せばタブが入ります。 タブは…

続きを読む

タイトル等のデザインに文字間を使う

文字間を調整する イラストレーターでタイトル(見出し、ロゴなども)を文字で打つと何故かデザインに違和感を感じる事があります。それは、文字と文字の間の広さ、文字間です。 小さな文字の文章では気になりませんが、タイトルなどは、大きな文字で打つことが多いのでその分、文字間が目立ちます。 文字間は、見た目に均等ではないからです。 それは、文字のつくりによります。 文字の「詰め」にチェックをして…

続きを読む

文字を変形させたりグラデーションにしたりするには?

文字の加工について イラストレーターで文字を変形させる場合、拡大したり、縮小したり、斜めにしたりはツールでできますが、文字の一部分だけ変形させたい場合があります。 たとえば、ロゴ等を作成する場合、もともとの書体よりオリジナリティのある文字にしたいときがあります。 フォントを使わず、一から図形をつくる方法もありますが相当時間がかかってしまいます。 そこで、文字のアウトラインをとって変形…

続きを読む

曲線上に文字を並べる

曲線上に文字を並べる方法です。 まず、曲線を引きます。ペンツールで適当に好きなように引きます。 下線を付けたい場合はコピペで真下にも曲線をつくります。 文字ツールの「パス上文字ツール」(Tのマークから「Tの下に線がついたマーク」を選びます。画像で見ると左から3番目のTが斜めになってるトコ)一本目の下線の左端にあわせてクリック。すると線が消えて文字を打つと曲線に沿っていきます。 …

続きを読む

文字間隔を詰めたり拡げたりする

テキスト全体の文字間隔を変更する イラストレーターを使っていると文字と文字の間を詰める事がよくあります。 文字の間隔をある程度詰めると、見た目が綺麗に見える場合が多いです。 その為、私は文字設定の「詰め」にチェックしておいて文字を詰めることにしています。 もし数値で、文字の間隔を詰めたり、拡げたりしたい場合はトラッキングを使うと便利です。 上の図では、「あいうえおか…

続きを読む

縦書きの途中で2桁の数字を見やすくする方法

イラストレーターで縦書きの文章を打っていると2桁の数字(人の年など)がでてくる場合があります。 漢字で数字(三や五)と書く場合も多いですが、数字で表記したい時、数字が1ケタずつ縦に並んでしまいます。 こんな場合、数字のみ横並びになっていた方が読みやすくなります。 画像の例(クリックで画像大きくなります)のように、縦書きで「私は、35才になりました。」と書いてみます。 すると「3」と「…

続きを読む

文字の段組み

イラストレーターで、文章を打つ場合、範囲内に文字を打ち、段組み設定する方法です。 文章を入れたい範囲を決めます。 ちなみに左の画像では四角形を作り、その中に文字を打ち込みました。 メニューの「文字」から「段組設定」をクリック。 追記 CS5以降の場合は上部メニューから「書式」→「エリア内文字オプション」を選びます。 段組設定で、横の段数、縦の段数などを決めます…

続きを読む

文字の色を同じ色に何回も変える必要がある場合

イラストレーターで、文字を打った後に色を変えたい場合があります。 一か所だけなら、カラーパレットのCMYKをいじって変えればよいですが、デザイン上、同じ色に何か所も変えなければならない時があります。 変えたい文字を選択して、スポイトツールで同じ色にしたい文字をクリックすると同じ色になります。 オブジェクトなどの色も同じようにスポイトツールで同じ色にする事ができます。 カラーパレットを…

続きを読む

広告