ブラシツールを使用して印刷する場合の注意

ブラシツールはイラストレーターでちょっとデザインに変化をつけたい時などに便利です。イラストを作る場合に筆っぽい線にしたり、筆で書いたような文字を作ったりできます。

ブラシツールで作ったオブジェクト

イラストレーターで作成したデータは、印刷にまわす場合に文字をアウトライン化します。これは、以前書きましたが文字化けを防ぐためです。

参考記事カテゴリ:アウトライン化について

では、イラスト(オブジェクト)の場合はどうでしょうか?

私の場合イラストも「オブジェクト」の「パス」から「パスのアウトライン」でアウトライン化しています。

パスの場合、アウトライン化されていなくても変化は無い場合が多いと思うのですが、製作過程で拡大縮小を繰り返したりしていると線の太さのバランスが崩れたりした事があったので。アウトライン化しておけば全部「塗り」になるので良いかなと・・。それに印刷に出す際にアウトライン化するオブジェクトとアウトライン化しないオブジェクトを分けるのは作業時間もとられる上リスクも出てくるので、レイヤーロックやオブジェクトのロックを外して、全て選択したうえでアウトライン化して別名保存しています。


そこで、ブラシを使ったデザインのものを印刷にまわす時の注意点です。では、ブラシで作ったモノもアウトライン化するのか?

実は、出来ません。ブラシはあくまでパスの状態が筆のように見えてるだけで「パスをアウトライン化」しても全く変化がないんです。

新しいバージョン(IllustratorCC)の場合、「パスのアウトライン化」で筆の形状をアウトライン化できるようです。

もし、画面上で筆のブラシで1本の線を書いても画面上は筆の線ですが、実際にはただの1本のパスの線でプリントされてしまいます。

では、どうすればよいのか?

ブラシで作ったオブジェクトを選択。

「オブジェクト」から「アピアランスを分割」を選択。

「OK」をクリック。

ブラシツールをアウトライン化

これでブラシの形のアウトラインになったオブジェクトが出来ました。



広告


この記事へのコメント

広告