ペンツールでオブジェクトを作ってみよう

パスを引いてオブジェクトを作成する

ペンツールの使い方について以前すこし書きましたが、実際に線を引いたりオブジェクトを作ってみましょう。

ペンツール

ペンツールで線を引く

ペンツールを選択して、イラストレーター上でクリック、離れた場所をクリック、これでもう線が引けました。このように線を引くことを「パスを引く」と言います。

ペンツールでオブジェクトを作る

さらに、もう一箇所どこかをクリックしてパスを引いてみましょう。

最後に一番最初にクリックした位置をクリックしましょう。

これで三角の図形が出来ました。

イラストレーターでは、パスを引いてオブジェクトを簡単に作成出来ます。

三角や四角、円などは他のツールを使えば簡単に出来ますが、パスを線でつなぐという考え方に変わりはありません。

単純な形は長方形ツールや楕円形ツールなどで作り、複雑な図形はペンツールでパスを引いてつくりましょう。

パスで作成

ペンツールで引くパスを太くする

ペンツールでパスを引いた場合、線の色をカラーパレットで色をつけられます。線の太さはパレットの「線種」から「線幅」の横にある数値を変える事で指定できます。(手打ちで数値を入れる事も出来ます)

線の端の形を変える

さらに線の端の形を変えてみましょう。

パレットの「線種」から「線端の形状」の部分を見てみます。

3種類の形からクリックで形を選べます。

実際に選んでみると違いが分かりやすいと思います。

図形の場合は「角の形状」で角の形も選べます。



広告


この記事へのコメント

広告