ウェブ用の画像と印刷用画像の違い

用途によって必要な画像解像度は変わる

ウェブ上で使われている画像と印刷物に使われている画像は大抵解像度に差があります。

ウェブ上では画像の解像度は72dpiが多いようです。しかし一般的な印刷物に使う為の画像は大抵300dpi以上必要(私の場合、多少拡大しても大丈夫なように350dpiにしています。)、これが大きな違いです。

初歩的な事かも知れませんが、実際に画像配置したillustratorデータを印刷に出した経験のない方だと知らない場合があります。

「ホームページに画像を載せているので、そこから画像をダウンロードして使ってください」と言われたりする事もあります。

高解像度の画像がホームページにあれば良いのですが、まず無い可能性が高いでしょう。

解像度が低い事は予測できますが一応確認してみます。すると大抵の場合72dpiで、解像度が低いので印刷用には使用できない旨を伝えると、「ネット上ではキレイだから同じ大きさで印刷にまわしたらキレイに印刷できるんじゃないか?」と尋ねられる事もあります。

ウェブ用の画像であれば72dpi以上あれば良いのですが、印刷物は300dpi以上でないと解像度が足りません。(300dpi以下の場合、印刷すると画像がボケる)

つまり、ウェブ上か紙面かの違いですね。

画面は画像が粗くてもキレイに映る、紙面は粗いのが目立ちます。ネット画像を同じ大きさで紙面に配置したら印刷後ものすごいボケた写真になってしまうので注意しましょう。

イラストレーターで印刷物を作る際、配置画像には大変注意が必要です。

解像度のチェックは忘れずに。

Illustratorで作成したオブジェクトの利点

イラストレーターで作ったオブジェクトはベクターデータなので解像度を気にせず拡大、縮小ができるから便利です。画像でもイラストレーターのパスで作ったモノでも、どっちでも良い場合(例えばロゴなど)はできるだけ画像は使わずイラストレーターの方を使った方が作業上ラクです。

作業中の拡大や縮小を解像度の心配ナシにできるので便利です。

※ちなみにネット上の画像で300dpi以上の解像度があっても色がRGB形式になっている場合が多いので印刷の場合はCMYKに変更します。また、画像形式がJPGの場合が多いですがこれもEPS形式に変更します。

CMYKとRGBについては、記事:「カラーパレットで色をつけてみよう」をご覧ください。



広告


この記事へのコメント

  • あっこ

    はじめまして
    イラストレーター超初心者です
    線の引き方すらわかりませんが、独学で勉強してみようと思ってるところ、ここに辿り着きました
    参考にさせていただきますね
    丁寧な説明ですごく助かります☆
    2007年07月12日 00:25
  • 管理人BB

    コメントありがとうございます。
    そうおっしゃって頂くと大変嬉しいです。
    毎日とはいきませんが、なるべく早めに更新していこうと思っていますので、よろしかったらまたどうぞ、いらしてください。
    2007年07月12日 01:33

広告