パペットワープツールを使ってみる

CC2018になったパペットワープ機能が追加されたので使ってみました。

ADOBEのパペットワープの記事

https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/puppet-warp.html

イラストなどの変形をする際にパペットワープを使うと自然な見た目の変形が可能となります。

例えば

キリンのイラスト

キリンのイラストでパペットワープを使用してみます。

パペットワープ

ツールパネルに画鋲のようなマークがあります。これがパペットワープツールなので選択します。

パペットワープツールでピンどめ

基準にする箇所をクリックしました。ピン留めのようにクリックした箇所にマークが付きます。

パペットワープツールで複数箇所をピンどめ

さらにクリックするとピンの箇所を増やすことができます。適切な結果を得るためには3つ以上のピンが必要ということです。

動かしたいピンを選びクリックします。

円の中が白くなってるところが選択中の箇所となります。(Shiftで複数選択もできます。)

回転するようにドラッグ

選択したピンの近くにマウスを近づけると、破線の円内で回転矢印マークが表示されるので回転したいほうにドラッグします。

パペットワープツールの使用前と使用後

キリンの頭がうつむいた状態に変形されました。

もとのイラストと比較すると頭だけでなく首のあたりも自然に変形していることがわかります。

パペットワープツールで失敗した例

ちなみに失敗するとひどい状態になります。

 

このようにパペットワープツールを使用するとイラストなどを自然な変形をさせることができるので便利です。

広告

この記事へのコメント

広告