IllustratorCC2018のプロパティパネル

IllustratorCC2018の新機能の1つ、プロパティパネルを表示させてみました。

プロパティパネル

プロパティパネルは、

コントロールが必要なときに、必要なコントロールだけが表示されます。

(引用:https://www.adobe.com/jp/products/illustrator/features.html

プロパテイパネルを見ると、ドキュメントについて、定規とグリッド、ガイド、スナップオプション、環境設定などが表示されています。

試しにツールパネルから長方形ツールを選んでみます。

長方形のプロパティ

するとプロパティパネルの表示内容が変化しました。

変形、アピアランスが表示されています。

このようにプロパティパネルは現在使用しているツールによって必要な機能をまとめて使えるようにしてくれるみたいです。

長方形

実際に長方形ツールで長方形を作成してみました。

するとまたプロパティパネルの内容が変化します。

先程の、変形、アピアランスに加えクイック操作が表示されました。

今度は文字ツールに切り替えてみます。

文字ツールのプロパティ

やはりプロパティパネルは、文字ツールに関連した内容に変化します。

ブラシのプロパティ

ブラシに切り替えてみるとやはりプロパティパネルにはブラシが表示されています。

プロパティパネルは現在の状況に合わせて必要な機能をパネル1つにまとめてくれるので、いろいろなパネルを使用する事に比べると楽になるかもしれません。

広告

この記事へのコメント

広告