イラストの全体に白いフチを付ける

Illustratorでイラストを作成して全体に白いフチをつけてみます。

魚

イラストを黒フチのみにすると、背景が暗い色だとフチが見えなくなりイラストと背景の境界がわかりづらくなる場合があります。その場合に備えて全体に白いフチをつけようと思います。

こうすることで、黒っぽい背景、白っぽい背景どちらでも輪郭がわかるようにします。

イラストの部品には黒いフチが突いていますが、白いフチは全体の輪郭のみにつけています。

魚の腕

試しに腕の部分を選択してアピアランスを確認します。

このように線を黒にして黒いフチを付けています。

イラストの黒いフチ

黒フチと違い、今回は全体にフチを付けたいのでイラスト全体をグループ化します。

イラストのグループ化

イラスト全体を選択して編集→グループ化します。(右クリックからグループ化もできます)

グループ化するとアピアランスパネル内の表示も「グループ」になります。

グループの下に表示されている「内容」がグループの内容となります。

アピアランスで線を追加

イラストを選択した状態でアピアランスパネルにて線を追加します。

グループ化したうえで、線を追加したのでグループ全体に対して線が付きます。

ドラッグして背面にする

アピアランス内に追加した線の項目をドラッグして「内容」より下にします。

これでイラスト全体より背面に線がある状態になります。

白色の太い線にする

線を白色にして太さを調整します。

これでイラスト全体に白いフチを付けることができました。

フチの線がギザギザになっている

イラストをよく見てみると尖った箇所のフチがギザギザになっていることがわかります。

見た目が良くないので調整しようと思います。

線端と角の形状で丸くする

イラストを選択した状態で線パレットを操作します。

「線端」を丸型線端、「角の形状」をラウンド結合にします。

イラスト全体に白いフチが付いた

白フチのギザギザだった箇所が丸くなりました。

このようにグループ化の後に線を追加すれば、イラスト全体に対してフチを付けることができます。

広告

この記事へのコメント

広告