エリア内文字オプションで段組みのサイズを固定する

IllustratorCC2017のエリア内文字オプションで行や列のサイズが変更されないように固定します。

行のサイズを固定する

エリア内のテキストdangumi170415_01.png

上のような段組みしてあるテキストを使います。

「書式」→「エリア内文字オプション」を選びます。

エリア内文字オプションの固定にチェック

「行」と「列」の「サイズ」の下にそれぞれ「固定」というチェックボックスがあります。

今回は両方固定してみたいと思います。固定にチェックを入れましょう。

行の数値を減らす

まず、行の設定を変更してみようと思います。

行の「間隔」の数値を減らして間隔が狭くなるように設定します。

すると、連動して幅の数値が減っているのがわかります。

以前なら、「サイズ」も連動して数値が減っていたのですが今回は固定している為数値がそのままとなります。

OKします。

行のサイズだけ変更されない

画面を確認してみましょう。

変更前と比べると、幅と間隔が狭くなっています。

しかし、行のサイズは固定されているため変化はありません。

このように、固定にチェックを入れることで行のサイズを変えずに間隔や全体の幅を変更することが可能です。

列のサイズを固定する

同じように列の間隔の数値を変更してみます。

列の間隔の数値を減らす

行のときと同じように、間隔の数値を減らしてみました。

連動して高さの数値も減りますが、サイズは固定してあるので変わりません。

OKします。

列のサイズは固定されている

画面を確認してみます。

列のサイズは変わらず、間隔と全体の高さだけ変更されました。

このようにサイズの下にある固定にチェックを入れることで、他の数値を変更してもサイズを変えないようにすることができます。



広告


この記事へのコメント

広告