エリア内文字オプションでエリアのサイズや段組みの間隔を変更する

段組みのサイズや段組間の間隔の変更する方法です。

とりあえずエリア内に文字を適当に打ってみました。

エリア内の文章

前回のエントリーに掲載したようにエリア内文字オプションで設定を変更してみます。

上部メニューから「書式」→「エリア内文字オプション」を選びます。 行と列の数値変更

「行」の数値を2、「列」の数値を3にしてみます。

3列2行の段組み

OKすると3列2行の段組みになっていることが確認できます。

行のサイズ

今度は「行」のサイズを68mmにしてみました。

OKします。

行68mm

段組みを見てみると「行」のサイズがそれぞれ68mmになりました。

このように簡単に「行」のサイズを変更する事ができます。

もちろん同じように「列」のサイズも簡単に変更することができます。

列のサイズ

「列」のサイズを27mmに変更しました。

列のサイズ変更

「列」もサイズが変更されました。

今度はエリア全体のサイズを変更してみましょう。

幅と高さ

「幅」の数値を168mm、「高さ」の数値を112mmにそれぞれ変更しました。

エリア全体のサイズ

エリアの全体のサイズが変わりました。

このように最初に作成したエリアをエリア内文字オプションで後からサイズを変更することができます。

幅と行・高さと列の連動

「幅」は「行」のサイズの数値と連動しています。また「高さ」は「列」のサイズと連動しています。なので片方の数値を変更するともう片方も数値が連動して変更されます。

段組の間隔変更

行と行の間の間隔、列と列の間の間隔を数値指定することもできます。

試しに行の「間隔」を3.5mm、列の「間隔」を2mmにしてみました。

間隔が変更された

それぞれの間隔が変更されました。

このように、エリア内文字オプションを使用すると細かい段組の設定が可能となっています。



広告


この記事へのコメント

広告