Shaperツールで扇の形を簡単に作る

今回はShaperツール(シェイパーツール)で扇の形を作成します。

Shaperツール(シェイパーツール)

Shaperツールで扇の形を作るのはすごく簡単です。

過去にパスファインダーで扇の形のオブジェクトを作成する方法を掲載しました。もちろんこの方法でも良いのですが新しい機能であるShaperツールを使うとかなり簡単です。またさらに円弧ツールで扇を作る方法も追加しました。

Shaperツールでは、簡単に線、円、四角、六角形が作成できます。

Shaperツールの機能について詳しくはShaperツールでいろんな形を作成するや、Shaperツールで切り抜いたり合体させるの記事を御覧ください。

では、Shaperツールで扇の形を作ってみましょう。

Shaperツールで扇の形を作成

Shaperツールは手書きのような要領で簡単にきれいな円や多角形を作成できます。(過去記事参照:Shaperツールでいろんな形を作成する

Shaperツールを選び、画面に円を描きます。

Shaperツールで円を描く

Shaperツールを使ってドラッグで、手描きするように画面上に丸を描きます。

適当に描いたので線が歪みまくってますがドラッグしているマウスから指を離すと・・・。

正円

適当に描いた円がきれいな正円になります。

※円以外に三角、四角、六角形、線も描くことができます。

選択ツール

選択ツールに切り替えて円を選択します。

丸いマーク

円をよく見るとバウンディングボックスの右側に丸いマークが飛び出ています。

上方向にドラッグ

上方向にドラッグしました。円に沿ってドラッグすることができます。

ドラッグした分、円が欠けた状態になります。

欠けた円

欠けた円ができました。

下方向にもドラッグ

下側にも丸いマークがあるのでこちらもドラッグします。

今度は逆方向にドラッグします。

ドラッグした分だけ円が欠けます。

大きく円に沿ってドラッグ

ぐるっと大きくドラッグしました。

扇の形のオブジェクトの完成

これで扇の形のオブジェクトができあがりました。

すごく簡単に扇の形ができます。



広告


この記事へのコメント

広告