鉛筆ツールで適当に描いて左右対称の形にする方法

長方形ツールや楕円ツール、多角形ツールなどを使用すると左右対称、上下対称のオブジェクトが簡単に作れます。

では鉛筆ツールやペンツールで適当に書くとどうでしょうか。

どうしても左右のバランスの悪い形になってしまいます。

手描きのハート

試しに鉛筆ツールで描いたハート、鉛筆ツールを使用したけど左右対称にしたオブジェクトを2つ並べてみました。

上のハートは鉛筆ツールで適当に描いたのでやはり左右いびつな形になっています。

あえて手書き風にしたい場合は左右バラバラのほうが味があって良いということもありますが、今回は下のハートのように、適当に鉛筆ツールでドラッグして描いても左右対称の形にする方法を試してみます。

この方法を使用するとハート以外の形でも左右対称にすることができます。

ではまず適当に鉛筆ツールで描いて左右対称にしてみようと思います。

適当な手描きの線を左右対称にする

まず、ガイドを引きます。※このガイドはあくまで中心の目安にするためなので必ず必要なものではありません。

ガイド

ガイドを引いたら鉛筆ツールを選びます。

鉛筆ツール

適当に曲線を鉛筆ツールで描いてみました。

この曲線は作りたい形を半分に切ったような形を予想して描きます。ガイドを完成品の中心になる目安として描きましょう。

このとき、鉛筆ツールで描いた線がガイドよりすこしはみ出るようにします。

水平にコピーペースト

引いた線をコピーペーストしました。

※Shift+Ctrl+Altで右にドラッグすると水平にコピペできます。

リフレクトツールをダブルクリック

リフレクトツールをダブルクリックします。

反転する

リフレクトの「垂直」が選ばれていることを確認してOKします。

対称になった形

コピペしたほうのオブジェクトが対称の形になりました。

お互いの線が交わる所までドラッグ

つぎに2つのオブジェクトのお互いの上下の線が交わるまで、Shiftを押しながら水平にドラッグします。

連結ツール

ツールパネルから連結ツールを選びます。(※連結ツールは鉛筆ツールと同じ場所にあります。長押しで切り替えることができます。)

交わってる部分を連結ツールでドラッグ

連結ツールで線が重なってるあたりをドラッグします。

線がつながった

連結ツールでドラッグした部分がつながりました。※余分なはみ出ていた線はカットされます。

下の線もつながった

同じように下の線の重なった部分も連結ツールでドラッグします。

左右対称のオブジェクトが出来た

線がつながりました。

適当に描いた線ですが左右対称のオブジェクトにすることができました。

このように、初めに完成する形を予想して、オブジェクトを半分に切ったような形を作成すると左右対称にすることができます。

この方法を応用すれば左右だけでなく上下対称も可能です。

手描きのハートを左右対称にする

冒頭で紹介したハートもこの方法で作成することができます。

鉛筆ツールで描いた歪んだハートと左右対称のハート

ハートの左半分を作成、コピペしたものを反転してハートの右側部分を作成、連結ツールでつなげることでハートを作成することができます。

鉛筆ツールで手描きっぽい線なのですが左右対称のオブジェクトになっています。

作成するときのコツとしては、交わってはみ出た部分は消去されるので交わる部分を予想して形をつくるとよいでしょう。



広告


この記事へのコメント

広告