地図の路線のような模様の線をパスとアピアランスで作成する【IllustratorCC2017】

過去に古いバージョンのIllustratorでイラストレーターで地図に使う路線の白黒シマの線を描くというエントリーを掲載しました。

今回はIllustratorCC2017でアピアランスを使用して路線のような線を作成してみようと思います。

とりあえず完成図は下のような路線っぽいものになります。

地図の路線マーク

よく所在地などを記す地図で使用する黒と白のシマシマの柄の線です。

では、作成を始めます。

まず、もとになる線をつくるためにパスを引きます。

線

黒色で太さを9ptにしました。

次にこの黒色の線を破線にします。

破線

線パレットの「破線」にチェックを入れ、線分と間隔をとりあえず30ptにしました。

黒い線が破線になりました。

実線

今度はアピアランスパネルで新規の線を追加します。

追加した線を白色の9ptにしました。その新規線が黒色破線の下になるようにアピアランスパネル内をドラッグします。

この新規線は実線なので「破線」のチェックは無しにします。

アピアランスに線を追加

さらに新規の線を追加しました。

新規の線は黒色にします。アピアランスパネル内でほかの線より1番下になるようにします。

線幅は今までより少し太めにします。今回は12ptにしました。

これで、路線っぽい線が完成しました。

完成したのですが毎回この作業をするのは面倒なのでグラフィックスタイルに登録します。

新規グラフィックスタイル

路線の線を選択状態でグラッフィックスタイルのパネル右上をクリックします。

「新規グラッフィックスタイル」を選びます。

スタイル名を付ける

グラフィックスタイルオプションが表示されます。

スタイル名はそのままでもいいのですが今回は分かりやすいように「路線」というスタイル名にしました。

OKします。

グラフィックスタイルが追加された

グラフィックスタイルのパネルに路線のグラフィックスタイルが追加されました。

これで簡単に路線が作れるようになります。

では、試しに路線グラフィックスタイルを使用してみます。

パスで線を引く

パスを引いて黒い実線を作成しました。

この実線を選択した状態でグラフィックスタイルパネルの「路線」をクリックします。

グラフィックスタイルをクリック

黒い実線に路線グラフィックスタイルが反映されました。

このように簡単に路線を作成できます。

曲線を引く

路線にする予定部分にパスを引いてグラフィックスタイルをクリックすると地図を作成するのに便利です。

曲線を路線にする

※今回は路線をグラフィックスタイルにしましたが、地図でよく使う同じ幅の道路などもグラフィックスタイルに登録しておくと便利です。



広告


この記事へのコメント

広告