イラストレーター上に配置する画像について

配置する画像の解像度

イラストレーター上に画像を配置する場合、上部メニューの「ファイル」から「配置」をクリックします。 するとウィンドウが開き、ファイルが選択できます。

配置したいファイルを選んでクリックするとイラストレーター上に画像が現れます。

イラストレーターで印刷にまわす場合、配置された画像の解像度は300dpi以上が好ましいです。それ以下だと印刷の際、荒くぼやけた印刷になってしまう可能性があります。

画像をイラストレーター上で拡大する場合は注意しましょう。なぜなら300dpiで配置しても拡大すると、拡大した分だけ解像度は低くなってしまうからです。

配置する画像の解像度のコツ

画像はできれば、実際に配置する予定の大きさ(縦×横)で350dpiのものを用意しましょう。これなら、もしIllustratorの画面上で配置画像を少し大きくしたい時も150%拡大までOKです。(350dpiの画像を実寸サイズで配置後150%拡大すると結果的に300dpiになる)

※画像解像度は300dpi以上であれば良いので、すごく解像度を高くすれば良いのでは?と思いますが、あまりに解像度が高すぎるとファイルが重くなってしまいます。作業はもちろん、イラストレーターを開いたり、保存するにも時間がかかってしまいますので適度に余裕のある解像度がお勧めです。



広告


この記事へのコメント

広告