IllustratorCCでオブジェクトが貫いているように見せる方法

以前下のようなオブジェクトが他のオブジェクトを貫いているように見える方法を載せました。

輪と棒
リングの鎖

このようなオブジェクトを作成するには、パスファインダを使用していました。

IllustratorCCでは、パスファインダを使用しなくても簡単にこのようなオブジェクトが作成できるので方法をご紹介します。

オブジェクトを重ねると通常このようになります。

重なったオブジェクト
円と棒のオブジェクト

重ね順の関係で、前面のオブジェクトとその背面にあるオブジェクトとなります。

なので、オブジェクトが鎖のように絡まったり、輪の穴を棒が貫いているような形にはなりません。

ライブペイントツールを使用する

パスファインダを使って作成することも可能ですが、今回はIllustratorCCのライブペイントツールを使用してみます。

ここでは、リングが鎖のように絡まっているオブジェクトを作成してみます。

オブジェクトの選択

リングを2つ作成しました。

このリングを選択した状態で、ライブペイントツールを選びます。

ライブペイントツール

ちなみにライブペイントツールは「シェイプ形成ツール」や「ライブペイント選択ツール」になっている場合があります。この場合は長押ししてツールを切り替えて下さい。

ライブペイントツールの色

ライブペイントツールにすると、マウスポインタの形が変わり、ポインタの上に四角マークが出来ます。 オブジェクトの色を変えたい部分をクリックするとこの色に変化させることができます。

今は黄色なのでオレンジに変えてみます。

色の変更

Altキーを押しながらオレンジ色をクリックします。ちなみにライブペイントツールでAltをおすとスポイトのマークに切り替わります。クリックしてAltを離してみます。

色が変わる

ライブペイントの四角マークの色がオレンジに変わりました。

これで、オブジェクトが交わっている上の箇所をクリックします。

交わった箇所をクリック

すると、交わってる箇所の色が変わりました。

リングが鎖状になる

これで、リングが絡まっているような見た目になりました。

ちなみにここで選択ツールにきりかえてみましょう。

バウンディングボックス

バウンディングボックスが見慣れない形になっています。

実はライブペイントを使っている時はオブジェクトはライブペイントグループという状態になっています。 なので、通常のオブジェクトの状態にします。

拡張

拡張をクリックします。

完成

オブジェクトが拡張されて通常のオブジェクトの状態になりました。

バウンディングボックスを確認してみるといつもどおりになっていることがわかります。

ライブペイントツールを使用するとこのような事が簡単にできます。

パスファインダでも同じ事が可能でしたが、一層簡単にできるようになりました。

リングの鎖
輪と棒


広告


この記事へのコメント

広告