棒グラフを作る

棒グラフをillustratorでつくってみます。

棒グラフを作成するにあたって「棒グラフツール」を使用するのですが、他にどんな種類のグラフがあるか見てみましょう。

ツールパネルの棒グラフの場所

棒グラフツールを長押ししてみましょう。すると棒グラフ以外のグラフツールが表示されます。

長押しして棒グラフツールの種類を表示

このような様々な種類のグラフ作成ツールがあります。 今回は、一番上の棒グラフツールで作成してみます。

棒グラフツールにして、画面上のどこかをクリックしてみます。 すると、「グラフ」の幅と高さの入力画面が表示されます。

グラフのダイアログ

幅と高さに数値をいれます。この際の数値はグラフ全体の幅と高さになります。

試しに数値を入れてみます。

グラフの幅と高さを入力

幅60mm、高さ40mmにしました。

グラフデータとグラフが表示されました。

現段階でグラフデータには1.00が左上に入力されています。

なのでグラフは1.00の棒グラフが表示されています。

グラフとグラフデータ

グラフデータに文字や数値を入れてみましょう。

グラフデータに文字と数値を入力

先ほどは数値のみのグラフでしたが、表のように左側に文字、上部に文字を入れる事ができます。

今回は2013年~2016年を左側に入力、上部にA、Bと入力しました。

あとはそれぞれ数値を入れて行きます。

数値や文字は、セルをクリックして入力後enterで確定します。

しかし入力してもIllustrator上の棒グラフはまだ反映されていません。

反映させるには右上の「適用」ボタンをクリックします。

グラフデータの適用で反映させる

Illustratorの棒グラフに数値や文字が反映されました。

反映された棒グラフ

今回はこれで完成です。

ですがIllustratorでは、他にも様々なグラフが作成できます。

その他のグラフの制作方法はこちら「棒グラフを色々な種類のグラフに変更する」の記事をご覧ください。

また、今回作成したグラフは白黒でちょっと地味でしたが、簡単に色を変更する方法もあります。

グラフの色を簡単に変える方法はこちら「棒グラフの同じ項目の色を変更する」の記事をご覧ください。



広告


この記事へのコメント

広告