簡単に等間隔にコピペしていく

今回は、前回の「変形の繰り返し」機能を応用してみます。

同じ形のオブジェクトを複数コピーして並べてみます。

普通に考えると、オブジェクトをコピーペーストをして適当に並べて、「整列」の「水平方向等間隔に分布」と「垂直方向上に整列」で横並びのオブジェクトが均等に配置できます。(バラバラの位置にある複数のオブジェクトをきれいに並べる方法)

これをもっと、簡単にやってみます。

● 試しに、青い四角のオブジェクトを作成してみます。

青い四角のオブジェクト

● まず、同じ四角を隣にペーストしてみます。

四角を選択して、「Shift」+「Alt」を押したまま右にドラッグします。

適当な場所でマウスに置いた指を離すと、その場所に同じ四角がペーストされます。

コピーペースト

● その、ペーストされた四角が選択された状態で、今度は「Ctrl」+「D」を押します。

コピペした四角が選択状態
すると、さらにもう一個右側にペーストされます。

● この「Ctrl」+「D」を計3回繰り返してみました。

Ctrl+Dで繰り返す

● 最初の2個の四角と合わせて、合計で5個の四角ができた事になります。

5個の四角を水平位置に等間隔で並べる事ができました。

この方法だと、かなり短い時間で、等間隔にオブジェクトを並べることが可能になります。

※ ちなみに、「Shift」+「Alt」は、「Shift」でドラッグすると45度ごとに移動させる事が出来るので、右にドラッグすると、水平に移動出来ることになります。

そして「Alt」でドラッグすると、コピーしてペーストできます。この2つを同時にすることで、水平にコピペができます。

最後に「Ctrl」+「D」は「変形の繰り返し」なので、先ほどの、水平にコピペという作業を同じ距離分おこないます。

なので、結果的に等間隔でコピペしていくことになります。後は、並べたい数だけ「Ctrl」+「D」をくりかえせばOKです。

ペーストする数が増えても、「Ctrl」+「D」の回数を増やすだけで済むのでとても便利です。

広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告