変形の繰り返しを簡単にする

オブジェクトを変形させた後に、その変形を再度繰り返したい場合があります。
この時に、同じ変形を正確尚且つ簡単にする事ができます。
例えば、ある四角いオブジェクトのパスを一点変形させてみます。
四角いオブジェクト
ダイレクト選択ツール(白い矢印)を使って、四角のパスをクリック&ドラッグ。
ダイレクト選択ツールで角を選択
角の一つが飛び出したいびつな四角形になりました。
ドラッグで角を伸ばす
ここで、「オブジェクト」から「変形」→「変形の繰り返し」をクリックします。
変形の繰り返し
すると、「ダイレクト選択ツールで角のパスを伸ばした」という先ほどの変形が再度繰り返されます。
角が伸びる
つまり、伸ばしたパスの距離が倍になります。
同じ変形を繰り返すので、「変形の繰り返し」をもう一度クリックするとさらに距離が伸びます。
繰り返しでさらに角を伸ばす
これによって繰り返しを正確かつ迅速に行う事ができます。
ちなみに「変形の繰り返し」を毎回メニューから選ぶのも手間がかかるので、ショート・カットで「Ctrl」+「D」を使用すると「変形の繰り返し」ができるので便利です。つまり、繰り返したい回数分「Ctrl」+「D」で繰り返せます。
間違って多く押してしまった場合は「編集」→「変形の取り消し」でひとつ前の変形を取り消す事ができます。
変形の取り消し
この「変形の取り消し」もショート・カット「Ctrl」+「Z」を使用すると簡単です。
「変形の繰り返し」を応用することで、便利な事も結構あります。

広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告