旋回ツールでオブジェクトを変形させる

旋回ツール

旋回ツール

旋回ツールは、回転ツールを長押しすると切り替わるツールです。

「台風の目」のようなマークをしています。

旋回ツールで図形を旋回させます。

旋回ツールを使うと、図形を旋回させた形に変形させる事が出来ます。変形させたいオブジェクトを選択します。(黒ポインタ等でクリック)そして、旋回ツールに切り替え、図形の近くを旋回させたい方向へドラッグします。すると、図形が変形します。

旋回は、図形の中心を基準に旋回します。基準を変えたい場合は、基準にしたい場所をクリックしてからドラッグします。この際、基準の位置は画面上には表示されません。(他ツールの場合、表示される事が多いですが、旋回ツールの場合は表示されません)

数値で旋回の角度を決める

中心の基準をクリックして決める際、「option」(WindowsはAlt)を押しながらクリックすると、数値を入れて角度を決める事ができます。

角度の数値を入れて「OK」をクリック。

これで、数値の角度に旋回します。



広告


この記事へのコメント

広告