ブラシなどをアウトライン化する

ブラシを使うと筆で書いたような形をつくったりできます。
ブラシには、カリグラフィブラシ、散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシがあります。

パスを引いた後に、ブラシツールをクリックしたり、ブラシツールでクリック&ドラッグすることで、まるで筆で書いたような線が引けます。

ブラシ

(選んだブラシの種類によって見た目は異なります。)
このように簡単に筆のような線を引いたり、いろんな模様をパターンブラシでつけたりできるのですが、形を微調整したい場合などアウトライン化したい事があります。

実は、ブラシを使って書いた線は、あくまでパスに筆のような見た目をつけているだけで、実質、普通のパスが引いてあるのです。

ためしに、この筆の線をクリックすると、パスが引かれているだけなのが分かります。

筆のようなパスを選択

そのため、パスをいじってみても筆の方向を変えたりすることはできても、微調整で形を変えたりできません。
今回、調整したいので、この筆の形をアウトラインの状態にします。

アピアランスを分割

上部メニューの「オブジェクト」から「アピアランスを分割」を選びます。
すると、

筆の形でアウトライン化

筆の形にアウトライン化されました。
筆の輪郭がパスで形成されているのがわかります。アウトライン化されたので、四角や円などのオブジェクトと同じで、パスのポイントをいじって形を微調整できます。

ところで、よく見ると複雑なパスの中心に、一本横向きにパスがあります。これは、元々のパスです。

元々のパスは透明(塗り、線とも無し)のパスとして残ってます。
コレをなくすには、「オブジェクト」から「透明部分を分割」を選びます。
解像度を選ぶウィンドウが表示されます。
とくに問題なければ「OK」をクリックします。

透明部分を分割

真ん中にあった透明のパスがなくなりました。

これで、形を微調整したりできますが、パスでできたオブジェクトになっているので、ブラシの時の操作は使えません。
万が一、やり直しするとき、面倒なので元のブラシのパスをコピペしてから、片方だけ、アウトライン化するといいかもしれません。

もちろん、カリグラフィブラシ、散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシなどでも同じようにアウトライン化できます。

いろいろなブラシ ブラシ

同じ手順で、

アピアランスを分解して透明部分を分割

アピアランスを分割して、透明部分を分割。
アウトライン化されたオブジェクトに変える事ができます。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告