イラストレーターで印刷する場合、配置する画像の解像度について

イラストレーターに配置する画像の解像度についてですが、用途によって変わってくるかと思いますが、 チラシやカタログなどの印刷することを前提に書いてみます。

ちなみに印刷や画像に関連するその他の記事は下記リンクにて。

印刷に関する記事カテゴリ

画像についての記事カテゴリ

DTPと言うと、様々な印刷前の編集、割り付けなどのデータを作ったりしますが、以前私は、チラシやカタログなどのDTP作業をメインにしていました。

イラストレーターでデザイン制作していると、画像を配置する事が多いのですが、紙の印刷物になった時に画像が綺麗に印刷されている状態にするためには、300dpi以上必要でした。

ちなみに、dpiというのは画像の解像度を表す単位なのですが、1インチの幅あたりのドットの数の事らしいです。(1平方インチでは無いらしい。この辺りはウィキペディア DPIに詳しく載ってます)

つまり、1インチは25.4mmなので、25.4mmの幅のなかにドットがいくつあるかって事なので、300dpiなんで300個のドットがある状態という事です。

300dpi以上の画像を使う訳ですが、イラストレーターで配置する際に、どれくらいのサイズで配置するかを予想してサイズと解像度を決めます。実際に5cm×5cmのサイズで配置したい場合、画像ファイルも5cm×5cm、300dpiという事になります。

ですが、常に予想通りのサイズの画像を配置するとはかぎりません。
デザイン上、サイズを大きく変更して配置したい場合もあります。その為、私は350dpiで画像を保存するようにしています。350dpiですと、150%までサイズを拡大しても300dpiなので解像度が充分足りる事になります。
なので、多少、予想より少し大きめのサイズでも使用できるので便利です。

配置する画像自体は、クライアントから頂いた画像データ、もしくは写真でもらって自分でスキャニングしたりします。
自分でスキャナーからスキャニングする場合は、自分でサイズ、解像度を指定して取り込みます。
また、頂いた画像データの場合は、フォトショップなどの画像編集ソフトを使って解像度の確認を行います。
解像度の確認で、実際に使うサイズの割に解像度が高い場合は、元データを残しつつ、別名保存で、解像度を350dpiにした画像ファイルを作ります。
こうして、なるべく全ての画像データが同じ350dpi解像度になるようにすると、制作時に便利です。

(あくまで、使用するサイズがおおよそわかってる場合です。たとえば、5cm×5cmぐらいで使うと解ってる場合、サイズは5cm×5cmで350dpiで良いのですが150%以上拡大する必要性が出た場合、解像度が300dpi以下になってしまうので、そのサイズ用の解像度がある画像が必要となってきます。)

自分の手元に高解像度の画像データや、スキャナーで取り込む用に写真があれば良いのですが、画像データをいただいた場合は、解像度に注意が必要です。
高解像度であれば、問題ないのですが、解像度が元から低いと印刷に使えない(綺麗に印刷できない)場合があります。
たとえば、高解像度であれば、適した解像度まで解像度を下げて、350dpiの画像を別名保存する形で使用しますが、低い解像度のデータを高い解像度にすることはできません。
ある程度、使うサイズが想定できていて、低解像度の画像データを提供された場合は、早急に高解像のデータを用意してもらう必要が出てきます。(これ結構重要だったりします)

解像度が低い事を確認せずに制作を続けて、納期間近になって気づき、クライアントに「この画像の解像度足りません」なんて連絡をいれると、高解像度のデータを用意する手間がかかったり、下手すると用意できず予定が大幅に狂ってしまい大変なことになったりします。
用意された画像の解像度チェックは早めにして、低解像度の画像がある場合は早めに連絡して対処しましょう。
ちなみに、制作会社同士だと、解像度が足りない画像データをいただく事は少ないのですが、制作会社でないクライアントの場合は、低い解像度の画像データが結構送られてきたりする場合があります。
低解像度の画像でも、家庭でプリンターからプリントしたら綺麗にプリントできたりします。
そのため、「印刷でもこの画像は充分綺麗に印刷できるだろう」と思う方が多いようです。
もしくは、「PCでは画像が綺麗に見えるから、印刷でも綺麗に印刷できるはず」と思う方もいます。

ちなみに、PCの場合は72dpi以上だと綺麗に表示されます。
なので、PC上で綺麗に見える画像でも、印刷で綺麗に印刷するためには、かなり解像度が足りないということになります。

今回、イラストレーターでチラシ、カタログなど作る際の配置する画像の解像度の話でしたが、新聞などで使う画像だとまた解像度が代わってくるようです。

広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告