新規アートブラシを登録してみる

パスを習字っぽくしたりできる便利なブラシツールですが、なかなか自分の希望のブラシが無かったりします。

自分で新規ブラシを登録すれば、お好みのブラシを使う事が出来ます。

今回、新規アートブラシの登録をしてみます。

正円

まず、ブラシの元になる形を作ろうと思います。

とりあえず、正円を作ってみました。

この正円を、筆っぽい形にする為、ダイレクト選択ツール(白いポインタ)で円の右側のポイントを選択。

正円の右側ポイントを選択

Shift押しながら真横にドラッグ。

右側にドラッグ

筆っぽい形になりました。

もちろん、形に関しては自分のお好みで調整すると、様々なブラシが作成できます。

新規ブラシを選ぶ

先ほど作成した筆の形のオブジェクトを選択した状態でブラシパレットの右上の三角マークをクリック。 そして、「新規ブラシ」をクリックします。

新規アートブラシ

ブラシの種類が出るので、今回は「新規アートブラシ」を選びます。

アートブラシオプション

詳細な設定ができる画面になります。

とりあえず「OK」をクリックします。

ブラシが追加された

これで、先ほど作成したオブジェクトが新規アートブラシとして登録されました。

ブラシで描く

ブラシパレットで先ほど登録したブラシが選択されてる事を確認し、ツールボックスのブラシツールを使います。

先ほど作成した形状でブラシとして描くことができます。

ちなみに、

ブラシツールの環境設定

ツールボックスにあるブラシツールをダブルクリックすると、精度やスムーズ度など、細かい設定ができるので必要に応じて調整すると便利です。

今回は新規アートブラシについて紹介しました。

次回は新規パターンブラシを登録する方法を紹介します。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告