段落設定を使った文章のいろいろな揃え方

段落設定の使い方

段落設定を使って文章の揃え方を変えてみます。

下の画像は、段落設定のパレットです。

段落設定のパレット

段落設定を使うと、文章をいろいろな揃え方が出来るので様々なデザインに合わせて文章の揃え方を変化させる事ができます。

今回サンプルとして、四角形を作ってその範囲内に文章を打ってみました。

※範囲内に文章を打つ方法の過去記事「イラストレーターで範囲内に文章を入れる

四角い範囲内にテキストを打つ

文章を揃えるための基本的な機能は「段落設定」のパレットの一番上の部分になります。 今回は、その部分、5つの揃え方を書きたいと思います。

文章を揃える基本的な5つの機能

文章を揃える5つの機能

上記の画像の赤色で囲った5つのマーク(ボタン)がその機能となります。

左から、左揃え、中央揃え、右揃え、両端揃え、最終行も両端揃えとなります。

これらの機能は、文章を選択した状態でクリックすると適応されます。

では、左揃えから順に説明します。

1.左揃え

左揃えは文章が左側が揃っている、右側は自然な状態なのでバラバラになったりします。

デフォルトでは文章がこの状態になってる場合が多いかと思います。

テキストの左揃え

上の画像を見てみると、左側の文字は全て揃っているが、右側は隙間が空いた部分があって揃ってない事がわかります。

2.中央揃え

文章を中央揃えにします。

テキストの中央揃え

こういう文章だと中央揃えはかなり読みづらい印象を受けます。

しかし、見出し(タイトル)などで目立つようにしたい場合などには役立ったりします。

3.右揃え

右側は揃っているが、左側はバラバラになっています。

左揃えの逆バージョンですね。

テキストの右揃え

日本語の横書きや英語だと左から読むことが基本なので、右揃えは少し違和感があり実際使う時は左揃えに比べて少ないかと思います。

デザインに合わせる場合に使う事が多いように感じます。

4.両端揃え

文章の両端が揃います。

但し、最終の行は普通の状態です。

最終の行とは、文章を打って「Enter」を押して改行した部分の文章です。

テキストの両端揃え

上記画像ですと一行目と二行目、最後の5行目は最終行です。 文章が途切れた部分ですね。

3行目と4行目は、見ての通り両端の文字がきれいにそろっています。

この「両端揃え」は文章がきれいに見えるので使うことがかなり多いです。

5.最終行も両端揃え

最終行の両端も揃えます。

先ほどの「両端揃え」の最終行も揃えるようにした機能です。

最終行も両端揃え

上の画像を見ると解るように、1行目、2行目、5行目の右端が揃っています。

しかし、ちょっと読みづらい感じですね。

この機能は、最終行を揃えるので、文字が少ない行だと、文字の間が広くなってしまい、違和感がでてしまいます。

ですが、5行目を見るとさほど違和感がありません。 これは5行目の文字数が1行目、2行目より比較的多いためです。 見た目に違和感がない程度の場合で、両端を揃えたい時に使うと良いかと思います。

次回も段落設定についてもう少し書いてみようと思います。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告