イラストレーターで年賀状の素材をつくる

今回、年賀状の素材を作ったり、文字(フォント)の種類、サイズを調整してみます。

イラストレーターで年賀状

上の画像のような年賀状を作ってみます。

基本は前回までの年賀状の作り方と同じです。

ただ、今回は富士山のイラストと太陽のイラスト、恭賀新年の文字、あいさつ文、名前、2012の数字が入っています。

本当は、データ上は、年賀状サイズより、富士山のイラストははみ出るくらいのサイズですが、今回の画像では出来上がりの状態で表示しています。

まず、富士山のイラストの作り方です。

イラストは元々イラストが描ける方ならよいですが、そうでないとかなり難しいものです。

そのため、うまく描くために下絵を敷いてなぞる方法を今回使っています。

もともときれいなイラストがあれば、そのままそのイラストを使えばいいのでなぞる必要もないのですが、著作権などの問題で使用できないものが多いです。

しかし、自分で撮った写真であれば使用できます。

その写真を画像としてイラストレーター上に配置して、パスでなぞる方法でイラストにしました。


次に恭賀新年の文字です。

筆で書いたような書体(フォント)を選んでみました。

目立たせたい部分なのでフォント数も大きくしてあります。

また、大きめの文字だと、文字と文字の間が、文字の形によって離れたりしてみえる場合があります。 そのため、文字と文字が離れて見える部分は文字間を縮めて調整します。


あいさつ文は四角の範囲内に文字を入れてありますが、文章の中途半端な部分で改行になってしまわないように気を付けます。

文字間を詰める事と、余白のバランスを取ると見やすくなります。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告