ジグザグ・パンク・膨張を使ったデザイン

ジグザグ・パンク・膨張を使ってみる

ジグザグとパンクと膨張

イラストレーターの「効果」からジグザグ、パンク、膨張を使用したデザインの作成例を紹介します。

応用で、様々なデザイン作成が可能かと思います。

今回、円の図形を元に加工してみます。

まず、円を作ります。

次に「効果」からジグザグを選びます。(数値は御好みで・・)

次に「効果」から「パンク、膨張」の「パンク」、もしくは「膨張」を選びます。(数値は御好みで・・)

完成です。


パンクの場合は、マンガの吹き出しの様なデザインが出来上がります。

膨張の場合は、花のような形になります。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告