イラストレーターで画像に角丸長方形のマスクをかける

イラストレーターで画像に角丸長方形のマスクをかける方法

Illustaratorで画像を配置した状態で角丸長方形の形の部分だけ表示させる方法です。

この方法を使用すると角丸長方形の範囲内だけ画像が表示され、そのほかの部分は表示されません。

※ この方法はまるで、画像自体を切り抜いたりトリミングしたかのようにみえますがあくまでIllustrator上のことでもとの画像は切り抜かれたりしているわけではありません。

マスクをかけて画像を角丸長方形で表示させる方法

  1. 「フィルタ(IllustratorCS4以降の場合は「効果」)」→「スタイライズ」→「角を丸くする」で、長方形を角丸にします。
  2. 長方形が画像より前面にくるようにします。 画像が前面になってしまう場合は、長方形を掴んで「オブジェクト」→「アレンジ」→「最前面に」で長方形を前面にします。(マスクする形が前面、マスクされる画像は背面にします。)
  3. 画像と長方形の両方を掴んで、「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」をすると、マスクがかかります。
角丸長方形でマスク

※マスクされる画像の方が図形より背面にしなければいけません。 ※長方形を角丸にする際、数値で調整できるが、数値が小さすぎると見た目に角丸に見えない場合があります。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告