文字間隔を詰めたり拡げたりする

テキスト全体の文字間隔を変更する

イラストレーターを使っていると文字と文字の間を詰める事がよくあります。

文字の間隔をある程度詰めると、見た目が綺麗に見える場合が多いです。

その為、私は文字設定の「詰め」にチェックしておいて文字を詰めることにしています。

文字パレットの詰め

もし数値で、文字の間隔を詰めたり、拡げたりしたい場合はトラッキングを使うと便利です。

トラッキング

上の図では、「あいうえおかきくけこ」とテキストを打ちました。

そして、文字設定パレットのトラッキングの数値を200に変更します。

すると、文字同士の間隔が拡がりました。もちろん数値を変える事で、もっと拡げたりすることもできます。

そして、トラッキングをマイナスの数値で入れてみます。

ためしに-100にしました。

すると、文字間隔が-100縮まりました。

このように、トラッキンングで文字間隔を変更する事が出来ます。

個別の文字間隔だけ変更する

ただ、テキスト全体の文字間隔を調整する場合はコレでよいのですが、個別に文字間隔を調整したい場合はどうでしょうか?

たとえば、テキストの文字「お」と「か」の文字間隔だけ変更したいと言う場合ですが、これには「カーニング」を使用します。

カーニング

文字間隔を変更したい文字と文字の間にカーソルを置きます。

文字ツール(Tのマーク)で「お」と「か」の間をクリックしてカーソルのある状態にします。

そして文字パレットのカーニングの数値を変更します。ここでは、200にしました。

すると、「お」と「か」の文字間隔が拡がりました。

カーニングも、マイナスの数値を使うと文字間隔を縮めることができます。

※ちなみに

作業を速くするために便利なカーニングのショートカットです。

詰めたい文字と文字の間にカーソルおいて、「Alt」+「←」。

Alt押しながら、←を押した数だけ左側に文字が詰まっていきます。

Macの場合は「オプション」+「←」。

逆に矢印を右向き「→」でやると文字間隔が拡がっていきます。

目で確認しながら文字間隔を調整できるので便利です。

広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告