イラストレーターの文字の大きさが同じなのに違って見えるのは?

イラストレーターを使って文字を打つと、フォント数が小さめの場合あまり目立たないのですが、キャッチコピー・タイトルなど大き目の文字を打つ場合、同じ大きさにも関わらず何故か文字の種類によって大きさが違って見える場合があります。

その原因は文字の高さや幅が微妙に文字によって違う為に起こります。

微妙な差なのですが、文字が大きいとその差がかなり目立ってしまいます。

フォントの大きさの比較

例として、「笑う」や「戦う」を漢字やひらがな、カタカナを使って打ってみました。

ひらがなの「う」にあわせてピンクの四角い枠をつけてあります。

全て同じフォント数なのですが、文字の端に枠を揃えると漢字の方が幅をとっている事がわかります。


アルファベットに比べ、ひらがな・カタカナ・漢字の混在する日本語ではこういう場合が多くみられます。

特に漢字が大きく見える場合が多いように感じます。

コピー、タイトルなど大き目に表示する文字の場合バランスが悪くデザイン的に良くありません。

そんな場合は、一文字単位の微調整をする事で見た目がずいぶん変わります。

小さく見える文字を大きく見える文字に合わせて大き目にしてみたりします。


また、デザインとしては、逆に極端に大きさに差をつけて、強調すべき文字と、その他の文字の差別化をする場合もあります。



広告


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告