複数のアートボードを折り返すように設定する

アートボードの並べ方を変えよう 以前アートボードの基本的な機能や座標での配置方法について紹介しました。アートボードの機能を使用する 今回はアートボードの並べ方を変えて複数のアートボードを折り返して作業しやすいようにしてみます。 まずアートボードを複製や新規アートボード作成でアートボードを増やしてみます。 アートボードを増やしていくと右側に1つずつ追加されていきます。 こ…

続きを読む

IllustratorでSVG形式保存する

Illustratorの.aiファイルをSVG形式で保存してみます。 とりあえずIllustratorで作成したイラストのファイルをSVG形式にしてみようと思います。 aiファイルを開いて「ファイル」→「別名で保存」をします。 ファイルの種類をSVGにして「保存」をクリックします。 SVGオプションが表示されます。 OKすると保存できます。またボタンでSVG…

続きを読む

線幅の太さでオブジェクトの塗りの面積が狭くならないようにする

オブジェクトに線を付ける場合に線幅が細いとあまり気になりませんが、線幅を太くすると塗り部分がとても狭くなってしまう事があります。 今回、線の位置を変更して塗りが狭くならないようにしてみます。 四角形を作成しました。 この四角形に線を付けて試してみようと思います。 線を中央に揃える 四角形にピンク色の線を付けてみました。 比較できるように上に線を付けていない四角形を…

続きを読む

透明オブジェクトが重なった部分の色を保ったまま通常(不透明)にする

オブジェクト同士が重なってる場合に前面オブジェクトを透明にすると、重なった部分の塗りの色が透けて変化します。 透明部分を分割・統合して(不透明にしても)この重なった部分の塗りの色を保つ方法を紹介します。 乗算を使用してみる このような2つのオブジェクトを作成しました。 前面の黄緑色のオブジェクトを選択して透明パレットを乗算にしてみます。 すると重なった部分だけ違…

続きを読む

回転して対称な模様をつくる

回転ツールを使用してシンプルな模様を作成してみます。 画像のように上下左右の形が対称になっている模様を作成する方法です。 歯車っぽいものや花のような形を作成するのに向いている方法かと思います。 今回は試しに上のような形のオブジェクトを作成してみようと思います。 まず部品となる上のようなオブジェクトをペンツールで作成しました。 コピーペーストして180度回…

続きを読む

アートボード定規とビデオ定規を使用する

過去記事で定規について紹介しました。 更新当時は古いバージョンだったのですが新しいバージョンでは定規の種類が増えているので使用してみます。 ちなみに通常の定規についての呼び方は現在「ウィンドウ定規」となっています。 ウィンドウ定規を表示する 昔ながらの定規(ウィンドウ定規)を表示します。(過去記事:定規を表示する) 今回は上のようにアートボードを2つ並べたファイルを使用して…

続きを読む

Illustratorの画面を拡大・縮小表示する

画面上を拡大表示や縮小表示して作業しやすくします。 細かい作業をするために拡大表示がしたい、または全体を確認したいので拡大表示したい場合がります。 そんなときにはズームツールを使用します。 ズームツールで拡大表示 ズームツールは虫眼鏡のようなマークになっています。 ではまず現在の表示を確認してみましょう。 画面の左下にパーセントが表示されています。これが今…

続きを読む

途切れたパスを連結する

今回は途切れたパスを繋げる方法を紹介します。 「連結」を使ってみる オブジェクトのパスが途切れた状態をオープンパスと言います。 逆にパスが途切れず全て繋がっている状態をクローズパスと言います。 ではパスの途切れた状態(オープンパス)を繋がった状態(クローズパス)にしてみます。 オープンパスの端を両方ともダイレクト選択ツールで選択します。 (Sh…

続きを読む

変形パネルを使用する

変形パネルを使用してオブジェクトを変形させてみようと思います。 変形パネルには、オブジェクトの回転やシアー(斜めに変形)の機能があるのですが、これらはツールパネルを使用しても同じことができます。 過去記事 ツールパネルのシアーツールについて シアーツールで平行四辺形などに歪ませる シアーツールとコピペで簡単に文字を目立たせる ツールパネルの回転ツールについて オ…

続きを読む

効果の3Dでシンプルな円柱を作る

過去にシンプルな円柱を作成する方法を紹介しました。 過去記事 ●ジュース缶みたいな円柱型の図形を簡単に作ってみる ●速く簡単に作れる円柱 今回はCS以降からの機能の3Dを使用して円柱を作成してみます。 シンプルな円柱を作成 まず適当に楕円を作成してみました。 作成した楕円のオブジェクトを選択した状態でメニューの「効果」→「3D」→「押…

続きを読む

オブジェクトを座標で数値通りに配置する

今回はオブジェクトを数値通り正確に配置してみようと思います。 まずオブジェクトを選択した状態で変形パネルを見てみましょう。 変形パネルはオブジェクトに対して様々な変形ができるパネルですがオブジェクトの位置を正確に指定することも出来ます。 X軸の数値を入力する パネルの「X」と「Y」の項目に数値が表示されています。 「X」はアートボードの左端から右方向へオブジェクトまでの距離…

続きを読む

オブジェクトを同じ間隔で並べる方法

等間隔に分布 今回は整列パレット内の「等間隔に分布」にある2つの機能、そして間隔を数値指定する方法を紹介します。 整列パレットを順番に見ていくと オブジェクトの整列 オブジェクトの分布 等間隔に分布 整列 となっています。 オブジェクトの整列、オブジェクトの分布、整列については以前紹介しました。 過去記事 整列を使用する際の基準を変える …

続きを読む

整列パネルのオブジェクトの分布を使用する

前回は整列パネルの上部にある「オブジェクトの整列」にある6つの機能を使用しました。 整列パレットには オブジェクトの整列 オブジェクトの分布 等間隔に分布 整列 に分類されています。 今回は「オブジェクトの分布」にある6つの機能を使用してみます。 機能を使用する際はオブジェクトを全て選択した状態にした状態にします。 そ…

続きを読む

オブジェクトの整列の使い方

整列パレットは大きく4つの分類で分けられています。 順番に見ていくと オブジェクトの整列 オブジェクトの分布 等間隔に分布 整列 となっています。 今回は1番上の分類「オブジェクトの整列」の使い方を紹介します。 オブジェクトの整列 オブジェクトの整列を使用するにあたって複数のオブジェクトを作成しました。 このオブジェクトを試しに…

続きを読む

整列を使用する際の基準を変える

整列パレットを使用するとオブジェクトを整列させることができますが、今回はその整列の基準を変更してみようと思います。 選択範囲に整列をさせる 整列パレットを見てみると オブジェクトの整列 オブジェクトの分布 等間隔に分布 整列 に分類されています。 右下を見ると「整列:」と書いてあり、その下にマークが表示されています。この部分に今現在どういう基準…

続きを読む

エリア内文字オプションで段組みのサイズを固定する

IllustratorCC2017のエリア内文字オプションで行や列のサイズが変更されないように固定します。 過去記事 エリア内文字オプションで段組み設定をする エリア内文字オプションでエリアのサイズや段組みの間隔を変更する エリア内文字の外側との間隔を空ける・テキストの方向を変更する 行のサイズを固定する 上のような段組みしてあるテキストを使います。 「…

続きを読む

Illustratorのアップデートで画像の切り抜きができるようになった

IllustratorCC2017のアップデートで画像の切り抜きができるようになったらしいので試してみました。 2017年4月7日にIllustrator30周年記念アップデートで新機能追加、画像切り抜き(トリミング)がイラレ上で完結できるようなので試してみました。 30周年を迎えたAdobe Illustrator CC 2017のアップデート Illustratorで画像の切り抜き…

続きを読む

文字パレット(オールキャップス・スモールキャップス・上付き・下付き・下線・打ち消し )

文字パレットで、オールキャップス・スモールキャップス・上付き文字・下付き文字・下線・打ち消し の機能を使ってみようと思います。 文字パレットの下の方にある6つのマークがそれぞれのボタンとなっています。 では文字パレットを見てみましょう。 6つのマークはボタンになっています。 左から順に オールキャップス スモールキャップス 上付き文字 下付き文字 …

続きを読む

広告